テラスハウスとあいのりは似てる?人気になった理由は真逆です。

この記事は5分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

テラスハウスが9月いっぱいで終了しましたね。

 

この番組もフジテレビが制作しているだけあって、

またまたヤラセ疑惑が出ちゃったりなんかしちゃったりして、

色々と騒がせてくれましたよね(笑)。

 

 

僕は昨年の9月頃に、たまたまYouTubeで動画を見つけて、

半年くらいは見てたんですが、

途中から「何か茶番だな~」って思って見るのやめました。

 

時期的には宮城大樹くんとか、

筧美和子ちゃんが出演してた頃までです。

 

 

あの頃、「あと半年か、長くて1年くらいで終わるかなぁ~」

なんて予想していたので、見事に的中して驚いています。

 

 

 

それにしてもこの番組、

たぶん感じている人も多いんじゃないかと思いますが、

似たような形で衰退した似たような内容の番組が過去にもあったなっていう・・・

 

 

そう、「あいのり」です。

 

 

この2つの番組は、

素人っぽい人を数人集めてきて、彼らがワチャワチャしているところを、

キャストが見ながらコメントするという表面的な構造はそっくりですよね。

 

 

でも時代性から人気になった理由を考えてみると、

その中身というか、本質的な部分は全然違うと僕は思ってます。

 

むしろ真逆です。

 

 

まずテラスハウスから分析してみましょう。

 

あの番組のコンセプトと言えば、

台本がない(らしく)、若者たちのリアルな私生活を覗ける

というのが挙げられます。

 

暮らす上で特別なルールは特になく、

恋愛も自由で、テラスハウスの中に恋人を作ってもいいし、

逆に外に恋人がいても構いません。

 

そもそも特別、恋愛に焦点が当たっている番組ではなく、

仕事や将来のことで悩んでる姿が見られたり、仲間同士での友情だったり、

少なくとも見かけ上は、本当に私生活を覗いている感じです。

 

 

つまりキーワードとしては、

「リアル」とか「人間臭さ」というのが挙げられると僕は思います。

 

 

キャスト陣のコメントにしても、

結構キレのある辛口なコメントが多かったり、

キャストが映像を見ながら喋っている生々しい意見が副音声として聞けたり、

とにかく人間臭い部分が見えるように作られていると感じます。

 

 

 

では、あいのりの場合はどうでしょう。

 

あいのりのコンセプトは「真実の愛を見つける」というもので、

男女6人くらいがラブワゴンに乗って世界中を旅しますよね。

 

テラスハウスとは違って、

「告白の時は日本行きのチケットを貰って、OKだったらキスして帰国」など、

特殊なルールの中で生活をしなければいけません。

 

 

番組のコンセプト、ルール、システムなど、

どれもとっても到底現実的とはいえないものです。

 

 

つまり、あいのりのキーワードを挙げるなら、

「非現実」なのです。

 

テラスハウスとは全くの正反対。

 

 

僕も初めてテラスハウスを見た時は、

「あいのりと似てるな~」とか思ってましたが、

分析してみると、明らかに違うことが分かって頂けたと思います。

 

 

 

で、重要なのはここからなんですが、

結局、僕がこの事例から何が言いたいのかというと、

「物事って深く分析してみないと本質は見えてこないよね」ってことです。

 

だから、まずは目の前のものを注意深く見るとか、

目の前のものに対して「何故?」と疑問を問いかけるクセを付けて欲しいのです。

 

 

 

例えば、僕が「他人の事は放っておけば良い」と言ったとします。

 

目の前でこんなこと言われたら、どう感じるでしょうか?

 

恐らく「この人は冷たい人なんだな」って思うはずです。

 

でも、そこで「どういう意図で、そんなことを言ったんだろう」とか、

ちゃんと考えて欲しいわけです。

 

 

多くの人は「嫌な奴だな」って印象を抱くだけで、

それ以上、僕のことを理解しようとはしないでしょう。

 

しかし、それは余りにも浅はかだと思うのです。

 

 

 

実際、僕は他人のことを安易に助けることはしません。

 

でもそれは決して他者に冷たいわけじゃなくて、

自分の人生の中で起きた問題は自分で解決すべきだと思っているからです。

 

 

安易に手を差し伸べ、手取り足取り手助けしていては、

相手がダメになってしまうことを人生経験上、とても実感しているから、

基本的には放っておくというスタンスを貫いているのです。

 

イメージとしては、綺麗な花に水やり過ぎたら、

花が腐っちゃうみたいな感じですかね。

 

必要以上に相手に手をかける行為は、

逆に相手の可能性を閉ざしてしまう事に繋がりかねないという意味です。

 

 

だから「助けてくれ」とお願いされれば、また話は違ってきます。

 

勿論、端から自分で解決する気が無くて、

他人に何とかしてもらおうと考えている依存心の強い人は無視しますが、

努力の結果、自分だけの力では解決できないと判断して、

僕に助けを求めてくるのであれば、力になれることには協力します。

 

その場合は「僕に助けを求める」という行動も、

自分で解決しようとしている努力の内に入ると思うので。

 

 

こういう色んな意味を一言に凝縮して、

「他人の事は放っておけば良い」と僕は言っているわけですが、

多くの人は表面的な情報しか汲み取りません。

 

 

いやまぁ実際に、こんな言い方してたら、

それは僕の伝え方にも問題があると思うので、

こんな言い方はしませんけど(笑)。

 

 

ただ、どれだけ気を付けていても、

語弊が生まれることってあると思うので、

“相手を理解しようとする真摯な態度”は忘れないで欲しいと思います。

 

 

 

最初に「テラスハウスの終わるタイミングが当って驚いた」

という話をしましたが、あれだって色々分析してたから予測できたのです。

 

今流行っているものについて考えてみたり、

テラスハウスが一番ピークだった瞬間を分析してみたり、

そういうのをやってると、年内には終わるかなという大まかな予測がたちました。

 

 

普通多くの人はこんなこと考えもしないと思いますが、

でも僕のメルマガを読んでくれている人には、

ぜひ、こういうことを考える癖をつけて欲しいと僕は思っています。

 

そのための第一歩は、さっきも言った通り、

日常の些細なことに「何故?」と疑問を抱くことです。

 

まずはその意識を持つことが大事です。

 

 

そして疑問が生まれたら考えてみる、調べてみるのです。

 

自分について、他人について、時代について、ビジネスについて、健康について、

どんなことでも構いません。

 

 

その積み重ねによって、より世界はクリアに見えるようになり、

何をどうすればどんな結果が得られるのか、

たちまち分かるようになります。

 

お金の稼ぎ方、恋人の作り方、健康な体を保つ方法など、

どんなことでも分かるようになるのです。

 

 

 

僕の場合は、ノートを買ってきて、そこに書き込む癖を付けていて、

そうすることで考えがまとまりやすいし、

すんなり頭に入ってくるようになります。

 

 

成功する人はこの程度の努力は皆やってますので、

是非やってみて下さい。

 

 

「努力」って聞くと、なんか辛いイメージがあるかもしれませんが、

暫く続けて習慣になってくると、

新たな気付きや発見がある度、スカッと爽快な気分になって、

気持ちよく感じるようになってきますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年4月メルマガ自動化で60万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。