新田祐士流サイトアフィリ論、次世代集客法セミナーを受けて(後編)

この記事は4分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

普段はほとんどビジネスの話をしない僕ですが、

珍しく2回連続でビジネスの話をしようと思います(笑)。

 

今回は前回の続きなので、

まだ読んでない場合は、先に前回の記事をお読み下さい。

 

前回の記事はこちら↓
新田祐士流サイトアフィリの極意、次世代集客法セミナーを受けて(前編)
 

 

前回の記事の要点をザッとまとめておくと、

今後のサイトアフィリでは文章力や著者情報が重要になるという話でしたね。

 

また、異なるジャンルを組み合わせて、

ライバルがいない場を狙おうという話もしました。

 

これらの条件を満たすことで、

面白くて読まれる、他と差別化されたサイトが作れるからです。

 

 

ただ、”面白くて読まれるサイト”を作りなさいと言われても、

割と抽象的だと思います。

 

そこでGoogleは、何をどう判断して、

「このサイトはユーザーに人気の面白いサイトだ」と認識しているのかを、

まずは考える必要があります。

 

 

所詮Googleはプログラムなので、

人の感情や思考そのものが理解できるわけではありません。

 

勿論、大企業なのでスタッフは沢山いるでしょうが、

(ペナルティの強化に当って大幅に社員を増やしたという噂も聞きますし)

でも、いちいちスタッフが目で確認して順位を決めるほど暇ではないはずです。

 

だからプログラムによって、

何かしら面白いサイトと結論付ける基準があるはずなのです。

 

 

では、よく読まれているサイトは、

データ上で何が伸びると思いますか?

 

まぁ普通に考えれば、ページビューや滞在時間などでしょう。

 

Google Analyticsを導入しても分かりますが、

PV(ページ/セッション)、滞在時間(平均セッション時間)、直帰率など、

全て割り出されています。

 

 

Googleが提供しているツールで、これらが分析可能ということは、

つまりGoogleはそういうデータを全て管理していて、

サイトの判断材料として使っている可能性は高いと言えますよね。

 

だからサイトの価値を高めるためには、

ページビューや滞在時間を増やすための工夫をすればいいわけですが、

それを支える根本的なスキルが、散々言ってるように文章力なわけです。

 

もう、サイトを構成する文章そのものがつまらなかったら、

どんな小手先のテクニックを使ったって何も意味ないですからね。

 

 

ただ、逆にどれだけ文章力があっても、

その文章が人の目に触れなければ意味がないとも言えます。

 

だから文章力とはまた別に、

書いた記事をなるべく人の目に触れさせる工夫は、

色々とやっていく必要があるわけです。

 

 

最近、その辺を意識して僕のブログも少しずつイジってますので、

チェックしてみて下さい。

 

取り敢えず記事の末尾とサイドバーにひと工夫加えました。

 

 

また、近いうちに僕のプロフィール(半生)を公開しようと思ってるんですが、

こっちもページビューが伸びるように工夫する予定です。

 

具体的には新田さんがブログにアップしてある、

「新田祐士物語」みたいな感じで書こうと思ってるんですが、

アレって何で複数のページに分割して書いてあるか分かりますか?

 

別にあんな書き方しなくても、

新田さんだったらセールスレターみたいに書くことも余裕で出来るわけですよ。

 

成約率20%とか30%とかのレターを書ける人ですから、

あんな風に分割しなくても1枚にキレイにまとめることができるはずです。

 

なのに何故、あの形なのかと言えば、

僕の考えではページビューを伸ばすためにやってるんだと思います。

 

 

実際、あるツールで新田さんのブログのPVを調べて見たところ、

他の起業家さんのブログは大体1.5~2PV程度であるのに対して、

新田さんのブログは3.5PVという驚異的な数字が叩き出されました。

 

 

他にも新田さんの教え子の方のブログは、

結構PVが高いものが多かったです。

 

まぁツールの正確さが怪しい部分もあるので、

あくまで目安の数字でしかありませんが(苦笑)。

 

 

でも1つ1つチェックしてみると、やっぱり皆文章上手くて、

動画を使ったり、関連記事をリンクしていたりと、

色々工夫していて勉強になりました。

 

 

とにかくPVや滞在時間を伸ばすための準備が整ってからでないと、

前回も言ったように「ザルに水」なので、

常に意識して欲しいですね。

 

逆によく読まれてさえいれば、

SEO的にも間違いなく高評価もらえますから。

 

 

で、これらの準備が整って初めて、

最初のアクセスをどうやって集めようかという話になるわけです。

 

 

まぁこれからアフィリエイトを始める場合は、

既に拡大している媒体なんて持ってないでしょうから、

SEOのみで集めてくるしかありませんが、

(SEOのみでも全然集まるので安心して下さい)

 

既に成長している媒体を持っている場合は、

そこからアクセスを流せば良いのです。

 

 

前回、ジャンル同士を組み合わせるという話をしましたが、

組み合わせるのは媒体も同じってことです。

 

例えば、SNSや動画サイトは、

最近、よく使われてますよね。

 

特にTwitterやYouTubeは、

連動させやすいこともあって皆使ってます。

 

 

他にも既に完成している媒体があるなら、

何を使っても構いません。

 

Facebookでも当然アクセスは流せるでしょうし、

メルマガから流したって良いわけです。

 

既にアクセスの集まっているサイトがあるなら、

関連性のあるサイトを作って「サイト→サイト」でも面白いですね。

 

 

そうやってGoogleによく読まれているサイトであることをアピールすることで、

まずはGoogleでの評価を高めて、

最終的にSEOでアクセスを引っ張ってこようという段取りなわけです。

 

 

本来、SNS等からアクセスを集めると、

検索エンジンからキーワード検索で来たユーザーに比べて、

属性が一致していないことが多く、PVや滞在時間が下がりやすいのですが、

ここでは面白い文章が書けることが前提なので関係ありませんしね。

 

 

まぁとにかく頭を柔らかくして、自由にやってみてください。

 

あんまりメルマガとサイトアフィリは別物とか、

そんな風に分けて考えない方が良いですよ。

 

僕も前回、作ったサイトのアクセスが集まらないという話をしましたが、

あれだって「情報発信とサイトアフィリは別モノ」と、

頭のどこかで考えていたから失敗したんだと思ってます。

 

 

僕はメルマガやメインブログで情報発信をする時は、

かなり本腰入れて文章書いてるんですが、

何故か「サイトアフィリはそこまでする必要はない」と思い込んでいました。

 

その結果、誰でも書けるようなノウハウとかテクニックの記事になってしまい、

せっかく100記事も入れたのに、

アクセスは1日10~20件程度しか来ません。

 

コレって結構ヘコむんで、

僕と同じ失敗をしようよう注意して下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、現在はパソコン1台で月100万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

どん底からたった6ヶ月で成功できた秘密は下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

実績画像はこちら
※2016年6月メール1通で200万円達成


いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。