メールでオファーを出す時の注意点と、ビジネスで成功するために最も大切なこと

この記事は5分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

この前、送ったメールに返信が来ていたんですが、

その内容が凄まじくて、なんかもう腹が立つというよりも、

頭の中が「?????」って感じでした(笑)。

 

ホントにダメなところが山ほどありすぎて、

どこから切り崩したら良いのか悩むレベルなんですが(苦笑)、

今回、このメール内容のみでブログ1記事書けそうなので、

ご紹介したいと思います。

 

————————————————————————————————

月30万貯められればいいです。時間がないので短くします。

2016DVビザ申請をしました。当選したら5ヶ月後の来年の10月はアメリカ大使館で面談です。

その時残高証明書を見せなければダメです。最低250万必要です。

今はまだ5万です。学生です。それでもコツコツ頑張ってます。10ヶ月しかありません。

もし助けてくれるなら成功の仕方とそのビジネスとはをおしえてください。

————————————————————————————————-

 

どうですか、これ?

 

一瞬いたずらメールかと思ったんですが、

送り主を調べてみると、ちゃんと登録してある読者さんだったんで、

そういうわけでもないんですよね。

 

 

いや~世の中広いな~っと思いました。

 

学生って書いてますけど、お幾つなんでしょうか。

 

中学生くらいであって欲しいんですが、

内容的には高校生~大学生くらいの可能性が高いですよね・・・

 

もし20歳前後くらいの子が、コレ書いてるんだとしたら、

考えるだけでゾッとします。

 

 

まず最初に名前を名乗って挨拶をするのは、

ビジネス云々よりも人として当然の礼儀でしょう。

 

「こんにちは、〇〇と申します」

 

誰に送るにしても、ここから始めるのが基本ですよね。

 

 

そして次に「時間がないので短くします」という一文。

 

時間がないという自分の都合は、

メールを読む相手には関係ありません。

 

時間が無いなら後で書けば良いし、

ちゃんと内容が伝わるように丁寧に書くことを優先するべきでしょう。

 

実際、このメールでは、

なぜアメリカ大使館で面談をするのか?なぜ最低250万なのか?

などなど「何故?」の部分がゴッソリ抜け落ちてて、

相手(僕)にチンプンカンプンな印象しか与えません。

 

そもそも文章全体がブツブツと単語を羅列した感じで、

なんか子どもが書いたような文章ですし、

「そのビジネスとはをおしえてください。」って文章おかしいじゃんって話です。

 

句読点も打ってないですし、改行も全くしていません。

(※今お見せしている文章は僕が読みやすいように区切ったもので、

元の文章はまるでお経のように一列に並んでいました)

 

 

そして何より気になったのが、

「もし助けてくれるなら成功の仕方とそのビジネスとはをおしえてください。」

という一文です。

 

特に注目すべきは「もし助けてくれるなら」のところ。

 

いやいや、なんで僕が顔も知らないあなたのことを、

助けてやらにゃならんのだ!って話です。

 

完全なる”他者依存マインド”ってやつですね。

 

 

そりゃ勿論、聞いてくれればアドバイスはしますが、

あくまで自分の人生を変えられるのは自分だけです。

 

人は、それぞれ自分の人生を一生懸命歩んでいるわけですから、

他者の人生を背負っている余裕なんてありません。

 

 

こんな状態でビジネスのやり方を知っても、

絶対稼げるようにはならないのは一目瞭然だと思います。

 

そもそもビジネスとは、

自分(企業)を支持してくれるお客さんがいて初めて成り立つものですから、

相手のことを何も配慮できず、こんな独りよがりなメールを送ってくるようでは、

成功できるはずがないわけです。

 

 

“ビジネスで成功したいなら、まずは相手のことを考える”

 

これを忘れないで下さい。

 

意識できてるようで、以外と出来てない人が、
まだまだ多い気がします。

 

もしこういうメールを今まで送ったことがあるなら、
それは知らなかったわけですし、気にしなくて良いので、
これからは気を付けて下さいね。

 

 

例えば、僕は過去に何度か「カズーイさんから〇〇を買わせて下さい!」と、

教材購入の申し出を受けたことがあるんですが、

その時にちょっと気になるのが、こういうメールです。

 

「カズーイさんから買ったら何か特典とか付きますか?」

というやつ。

 

 

いや、別にこれが悪いって言ってるわけじゃないんですよ。

 

むしろ僕から購入を検討して下さってるということは、

僕を信頼してくれてるわけだし、凄く嬉しいです。

 

 

ただね、これからビジネス始めようとしてるんだから、

そこはビジネスの練習だと思って、

僕が特典を付けたいと思うような魅力的なメールを考えようよ

って思うわけです。

 

相手を行動されるために魅力的なオファーを出すのは、

ビジネスで基本中の基本ですからね。

 

 

例えば、

 

「こんにちは、太田と申します。

 

〇〇という教材をカズーイさんから買いたいので、

特典として1ヶ月サポートを付けて頂けませんか?

 

そこで僕はカズーイさんを徹底的に使い倒して、

必ず成果を出してみせます。

 

僕を徹底サポートして成果を出させれば、

カズーイさんにとっても稼がせた実績が出来ますし、

その結果、カズーイさんの元に集まるメンバーも増えると思います。

 

それに僕はこれからもずっとカズーイさんから教わりたいと思っているので、

僕が稼げるようになれば、カズーイさんのLTVも跳ね上がります。

 

いきなりこんな厚かましい申し出をして、

大変申し訳ございません。

 

それでは貴重な時間を割いて、

最後まで読んで頂きありがとうございました。

失礼します。」

 

みたいな。

 

まぁこれは今とっさに考えた内容なので、

そこまで魅力的とは言えません。

 

ですが、この場合、

僕のサポートを受けられるという購入者側のメリットだけでなく、

 

・僕は稼がせた実績ができ、メンバーが増える可能性がある

・僕のLTV(ライフタイムバリュー)が上がる

 

など、僕がいかに得をするかという説明ができているので、

まぁまぁ良いオファーといえるでしょう。

 

「必ず成果を出してみせます」という覚悟や熱意を感じる一文も良いですね。

 

 

こんな風に相手にオファーを出す時は、

そのオファーが相手にとってどんなメリットがあるのかを、

しっかり書き出すのがポイントになります。

 

さらに「絶対成功してみせる!」と覚悟や熱意が伝わるような文章だったり、

なぜビジネスを始めようと思ったのかが分かるストーリー(理念)なども付け加えると、

より魅力的な文章が出来上がると思います。

 

 

また、あんまり相手にオファーを出し過ぎないというのも、

結構、重要なポイントです。

 

例文を見れば分かりますが、この文章で出てくるオファーは、

「1ヶ月サポートを付けてくれませんか」のみです。

 

例えば、ここに「返信してくれ」的な文を付け加えたら、

それも1つのオファーになってしまいます。

 

そもそも相手にメールを読ませている時点で、

相手の大切な時間を奪っているわけですから、

「あれもくれ、これもくれ」とお願いするのは厚かましいと思ったほうが良いです。

 

 

ポイントは”相手の立場になって考える”ですよ。

 

 

と、そうやって、ちょっと工夫するだけで、

「お!こいつセンスあるな」と成功している人に思わせることが出来れば、

色々優遇してもらえることもあるかもしれませんので、

ぜひ参考にして下さい。

 

ではでは。

 

 

 

PS.

 

最初、紹介したメールを送ってきた方は、
大変申し訳ありませんがメルマガを解除させて頂きました。

 

こういう人がいるとコミュニティに悪影響を及ぼしかねないので。

 

 

僕は人間関係に関しては、

 

人間関係は切れ→別に切らなくても成功できる→ちゃんと取捨選択すべきだ

 

という風に、最初はビジネス書に書いてそうな起業家っぽい考え方から始まり、

現在は「捨てるものではなく、むやみに大切にするものでもなく、選ぶものだ」

という結論に至っています。

 

これについては、またメルマガで書こうと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年1月メルマガ自動化で50万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。