パソコンの選び方。PC初心者が知るべき性能に関わる5つのポイント

この記事は7分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

パソコンを使って作業をすることがある場合、

パソコンの性能は非常に重要なポイントです。

 

使う道具が粗悪なものだと使いにくいし、

作業が手間取って時間も掛かるのでストレスが溜まってしまいます。

 

そこで今回は、これからパソコンを購入予定の初心者に向けて、

パソコンの選び方についてお話したいと思います。

 

知識が全然無い初心者にとっては、

凄く複雑で分かりにくい機械のように感じるかもしれませんが、

実は全然そんなことはありません。

 

特別なこだわりなどがなく、スムーズに作業を行うために、

そこそこ性能の良いPCが欲しいだけなら、

抑えておくべきポイントはたった数個です。

 

ぜひ、この記事でちょっとだけ勉強して、

ストレスのないPCライフを送ってもらえたらと思います。

 

 

パソコンメーカーの選び方。性能との関係性は?

 

まずパソコンメーカーについてですが、

実はメーカーってさほど重要ではありません。

 

PCオタクな人からすれば色々な拘りがあるのでしょうが、

安いところでも性能に変わりはありませんし、

故障の心配もほとんどないです。

 

ネットで調べてみると、

「〇〇社製のパソコンは壊れやすい」とか書かれていることもありますが、

そういうのって、その人が買ったPCが偶然ハズレだっただけです。

 

その鬱憤晴らしでネットに書き込んでいる方がいるので、

あんまりネットの情報を鵜呑みにしないようにして下さい。

 

少なくとも僕は世界シェアNO.1と言われるメーカーの、

ヒューレットパッカードでパソコンを買いましたが、

3年たった今も一切故障などなく使用できています。

 

僕の友人は同じくPCメーカー大手の「デル」で購入しましたが、

同じく何年も問題なく使用できています。

 

別の友人ではAcer(エイサー)という台湾メーカーのPCを持っていますが、

それももう5年以上経つと思いますが、

故障したという話は聞いたことはありません。

 

今、名前を挙げた、

 

・ヒューレットパッカード

・デル

・エイサー

 

は、どこも大手メーカーなんですが、

BTOパソコンといって自分でパーツを選べるし、

無駄なソフトが入っていないので非常に価格も安いのが特徴です。

 

だからこそ「安いパーツを使ってて壊れやすい」なんて言う人もいますが、

今お話した通り僕の周りでは故障したという話は出ていません。

 

なので基本は「なるべく安く高性能なパソコンを選ぶ」

という形で問題無いと思います。

 

もし、どこのメーカーを選択するか迷ったら、

「ヒューレットパッカード」か「デル」で良いですね。

 

公式サイトを載せておくので参考にしてみてください。

 

ヒューレットパッカードはこちら

デルはこちら

 

では、ここからはパソコン選びで、

チェックすべきポイントを解説します。

 

 

PCの処理速度を支えるCPU。クロック数、コア数って何?

 

まずチェックすべきポイントはCPUと呼ばれる部分です。

 

これは処理速度に大きく関わってくる部分ですから非常に重要です。

 

このCPUには2つのメーカーがあって、

インテルとAMDが存在します。

 

どちらのメーカーでも高性能なCPUであれば、

かなり高速で処理してくれますので、どっちでも問題ありませんが、

今の主流はインテルなのでAMDのCPUを見かけることは少ないでしょう。

 

なので主にインテルのCPUについて説明しますが、

インテルのCPUは「Core 〇〇」という名称が付いています。

 

「Core i7」とか「Core i5」とか「Core i3」などで、

数字が大きい方が高性能です。

 

さらに現在1番新しいシリーズとして、

「Core M」と呼ばれるシリーズが発表されましたが、

これはまだまだこれから市場に出回るといった感じです。

 

i7とかi5については、

普通の仕事での作業に使うくらいならi5でも全然構いません。

 

i3だとちょっと頼りないかなといった感じです。

 

とにかく「Core i7」とか「Core i5」と書かれたものを、

選ぶと良いってことです。

 

もちろんi7の方が性能は良いので、

お金に余裕があればi7の方を選ぶことをおすすめします。

 

ちなみにCPUの性能を見るときに参考になるのが、

クロック数と呼ばれるものです。

 

日本語でいえば動作周波数と呼ばれるものですが、

ザックリ言えばCPUの処理能力を表しています。

 

「〇〇GHz」「〇〇GHz」などと書かれており、

「メガヘルツ」「ギガヘルツ」と読みます。

 

当然、ギガヘルツの方が性能が高いです。

 

だいたい「2.0~3.0GHz」くらいが性能の良いCPUのクロック数ですね。

 

それからもう1つCPUの性能を見るときに重要になるのがコア数です。

 

クアッドコア、デュアルコア、シングルコアなどがあるんですが、

パッと見で分かる通りコアの数を表していて、

当然数が多い方が性能が高いです。

 

これは多いものだと8コアとか16コアなどもあるんですが、

基本4コアまでで十分です。

 

僕も今使っているPCには4コアの「Core i7」が入っています。

 

そしてこの時、初心者が迷ってしまうのが、

クロック数は「3.0GHz」でデュアルコアの場合と、

クロック数が「2.5GHz」でクアッドコアの場合とでは、

どちらの方が性能が上なのか?ということです。

 

これはクアッドコアの方が基本的には性能が上です。

 

0.5だけクロック数が低くても、

デュアルは2つ、クアッドは4つの脳があることになるので、

処理能力はクアッドコアの方がだいぶ上だと思ってもらって構いません。

 

CPUについては、

これで大体ポイントは抑えたといって良いでしょう。

 

CPUはCore i7かCore i5を選ぶ。

その時にクロック数やコア数も見れたらバッチリ。

 

たったこれだけです。

 

そんな覚えること多くないと思いますがどうでしょうか?

 

ではでは続いて2つの目のポイントを解説します。

 

 

PCの立ち上げ速度と容量に関わるHDDとSSDとは?

 

続いてはHDDとSSDについて説明します。

 

HDDはハードディスクドライブの略なので、

聞いたことがあるかもしれませんね。

 

ここにパソコンのデータを保存するんですが、

PCの起動速度にも影響してくる重要な部分だったりもします。

 

SSDというのは最近主流になってきているHDDに変わるドライブで、

正式名はソリッドステートドライブといいます。

 

詳しいことはややこしくなるので説明を省きますが、

このSSDを搭載すると起動がめちゃめちゃ速くなります。

 

HDDだと起動に数分掛かったりしますが、

SSDなら10秒とかで立ち上がります。

(僕のパソコンがそれくらいです)

 

もちろんPC全体の処理速度も向上します。

 

なので、なるべくSSDにした方がストレスなくPCを触れると思いますが、

SSDの弱点として容量が少ないことが挙げられます。

 

HDDだと最近は1TBとか2TBとか普通にありますが、

SSDの場合は良くて512GBくらいです。

 

256GBくらいのが一般的ですね。

 

なので大容量じゃないとダメな場合は、

HDDを選んだ方が良いかもしれません。

 

ちなみにスピードと容量の両立をしたい人は、

SSDとHDDを両方付ける人もいます。

 

勿論その分、値段は上がります。

 

まぁHDDを選んだ場合でもCPUなどの性能が良ければ、

そこまで起動に時間が掛かるわけでもありませんし、

パソコンでの作業自体はスムーズに行えますので問題ないかもしれません。

 

超高速を体験したい場合は、ぜひSSDをどうぞ。

 

 

メモリをチェックするときのポイント

 

では続いてはメモリについて説明します。

 

さっき説明したHDDが長期記憶をする場所なら、

このメモリは短期記憶を行うためのものだと思ってください。

 

なのでメモリの容量が足りないと、

パソコンは仕方なくHDDに直接データを書き込む必要が出てきます。

 

すると何が問題なのかというと、

HDDは長期的にデータを保存するのには向いていますが、

素早く書き込むことは苦手なので、

結果として非常にパソコンの動作が重くなるのです。

 

ですからメモリはなるべく容量が多いほうが良いわけです。

 

ではどれくらいの容量なら良いのかという話ですが、

今は凄いのだと32GBとかありますが、

僕としては4~8GBくらいで十分だと思います。

 

僕が現在使っているPCは8GBですが、

非常にスムーズに動いているので大丈夫かと。

 

まぁお金に余裕があれば16GBくらいあっても良いのかもしれません。

 

 

GPUをチェックするときのポイント

 

最後に一応GPUについても説明しておきます。

 

GPUとはグラフィックスの処理をしてくれるパーツです。

 

これもCPU同様色々種類があって、色んなメーカーがあるのですが、

主にインテル社、AMD社、NVIDIA社があります。

 

1番大手なのはNVIDIAですかね。

 

正直、GPUに関してはゲームでもしない限り、

そこまで高性能なものを求める必要はないかと思われます。

(動画を扱う場合(動画編集など)はGPUにも拘ったほうが良いです)

 

一応説明しておくと、NVIDIA社のGPUはGeForceという名前で、

GeForce→GeForceGT→GeForceGTXという順番で高性能になっていきます。

 

GPUで1番評価が高いのは、このGeForceシリーズなので、

高性能PCの場合、大体コイツが入っているはずです。

 

特に本格的なゲーミングパソコンだと、

GTXが搭載されていると思います。

 

それ以外の一般的なPCだとインテルのGPUも多いですかね。

 

ちなみにAMDがさっきから目立ちませんが、

決してAMDの製品も悪いわけではないんですよ。

 

おそらく僕が使っているパソコンはAMDのGPUが入っていたはずですし。

 

まぁそんな感じでGPUについても参考になれば幸いです。

 

 

まとめ

 

ということで今回は初心者対象に、

パソコンの選び方について解説してきましたが、

いかがだったでしょうか?

 

聞き慣れない単語が出てきて、若干呪文に聞こえたかもしれませんが、

そこまで覚えることは多くなかったはずなので、

サクッと覚えて自分にあったパソコンを探してみてください。

 

ちなみに僕はヒューレットパッカードの15万くらいものを購入しました。

 

Core i7(コア数4、3.5GHzくらい)、メモリ8GB、SSD100GB+HDD1TB

という仕様です。

 

ただ、これは僕が拘りたかっただけで、

ここまでの性能がなくてもパソコンはスムーズに動きます。

 

メーカーの名前も出てきましたが、

正直、そこそこランクの高いものを買っていれば、

初心者にはどのメーカーのものであろうと、

性能などの差は分からないと思うので気にしなくて良いです。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

もし、何かわからないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年4月メルマガ自動化で60万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。