内部SEO対策の方法を初心者にも分かり易く解説

この記事は6分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

今回は内部SEO対策の方法について、

初心者にも分かり易く解説します。

 

現在主流になっているSEO対策は内部対策なので、

ぜひ動画で内部SEO対策について学んでみてください。

 

 

内部SEO対策とは?

 

内部SEO対策とは簡単に言うと、

自分のサイトをGoogleが好む形に修正してやることです。

 

ただし、ここで1つ注意が必要なのが、

「Google好む=機会が好むサイトにする」

という意味ではありません。

 

Googleが検索エンジンを作っている目的は、

インターネットで情報を探しているユーザーに、

求めている情報を的確に渡すためです。

 

なので、あくまで人にとって、

快適なサイト作りを目指してください。

 

これが大前提です。

 

そして快適なサイトを作ることが、

今どんどん主流になってきています。

 

一昔前までは内部対策よりも外部対策が重要でした。

 

みんなサイトの内容はそこそこに、

ゴリゴリに被リンクを送りまくって、

上位表示を目指していたわけです。

 

しかし2014年の大幅なアルゴリズム変更によって、

この前提は大きく変わったのです。

 

自作自演で被リンクを送りすぎると、

厳しいペナルティを受けるようになりました。

 

このペナルティを受けてしまうと解除は難しく、

ペナルティ自体も検索結果に表示されないなど重いので、

なるべく避ける必要があります。

 

そこで内部対策の方が注目され始めたのです。

 

さらにパンダアップデートというプログラムも、

Googleに導入されました。

 

これは質の低いサイトを排除するのが目的で、

文字通り定期的にアップデートしており、

こいつに引っかかると順位が大きく下がってしまいます。

 

ですからユーザーにとって快適なサイトを作らねばなりません。

 

この辺からも内部対策はかなり重要になるということですね。

 

 

内部SEO対策の種類

 

では内部SEOにはどのようなものがあるのか解説します。

 

内部SEOとは結局のところ、

ユーザーに快適なサイト作りをすることなので、

挙げればキリがないのですが、

 

例えば、

 

・HTMLソースの最適化
・表示速度の高速化
・内部リンクを張り巡らせる
・タグにキーワードを含める
・サイトのボリュームを増やす
・サイトの更新頻度を上げる

 

などが挙げられます。

 

HTMLソースの最適化とは、

HTMLに誤表記などがなく、

綺麗に整頓されているかが重要になります。

 

とは言ってもHTMLの知識なんて無い人が大半だし、

僕も大してHTMLは知りません。

 

そこで次で紹介する、ある方法を使って解決します。

 

続いて表示速度の高速化ですが、

表示速度が遅いとサイトにアクセスする前に、

ユーザーが離脱してしまうので注意が必要です。

 

勿論それだけでなく表示速度が遅いと、

Googleからの評価も下がるので注意してください。

 

基本的にサイトの表示は8秒以内と言われています。

 

ただ、実際には8秒だって待てないと思うので、

3秒以内で表示されるとベストですね。

 

そして3つ目が内部リンクですが、

外部リンクが他サイトからのリンクに対して、

内部リンクは自分のサイト内のリンクを設定することです。

 

内部リンクはそれ自体にもSEO効果がありますが、

内部リンクを張り巡らせることでPV数が伸びるなどの効果もあります。

 

なので必須で行うべき内部SEOですね。

 

そして4つ目ですが、

タグにキーワードを入れるのは本当に重要です。

 

そもそもタグや記事内に狙ったキーワードを入れなければ、

検索結果に表示されないのでアクセスは来ません。

 

ですから、これは超重要です。

 

タグというとタイトルタグ、見出しタグなど色々ありますが、

そういう場所にキーワードを入れることで、

そのサイトが重要視しているキーワードをGoogleが把握してくれるので、

キーワードは必ず入れるようにしてください。

 

そしてサイトのボリュームについてですが、

これは単純な話で、サイトのボリュームがある方が、

しっかり情報を提供しているサイトと見なされるので評価が上がるわけです。

 

サイトの更新頻度も似たようなもので、

頻繁に更新しているサイトの方が新鮮な情報が置いてあると判断され、

SEO上の評価が上がるわけですね。

 

大体、内部SEOで重要視されるのは、

こんな感じなので覚えておいて下さい。

 

 

内部SEO対策のやり方

 

内部SEOには色々やることがあるので、

あれだけの数があると難しく感じるかもしれませんが、

実は最低限やるべき内部SEOはシンプルです。

 

まずHTMLや表示速度、内部リンクに関しては、

良いテンプレートをワードプレスに導入することで解決します。

 

テンプレートとはプロが予め、

デザインやレイアウトを作ってくれているもので、

ほとんどの人はこのテンプレートを使っています。

 

HTMLやCSSを調節打ち込んでいる人はほとんどいません。

 

さすがに無料というわけにはいきませんが、

内部SEOの大部分が解決しますし、

簡単にキレイでオシャレなブログが作れますので、

ぜひ導入してみてください。

 

そしてテンプレートを使えば、

後は内部SEOでやることはシンプルです。

 

圧倒的なコンテンツをキーワードを意識しながら作る

 

ただこれだけです。

 

圧倒的なコンテンツとは質と量ですね。

 

質が高いコンテンツ(記事)を大量に作り、

サイトタイトル、記事タイトル、記事本文などに、

キーワードを散りばめていけばOKです。

 

後はプラスαを挙げるなら、

滞在時間やPV数を伸ばす工夫をすることですね。

 

滞在時間が長いのは、ユーザーが快適だからだと、

Googleは判断するので当然評価は上がります。

 

PV(ページビュー)数に関しても、

良い情報が載っているからユーザーは何ページも閲覧するのだと、

Googleは判断するので評価が上がります。

 

ですので、例えば動画を導入したり、

サイドバーに人気の記事一覧を入れたりして、

これら2つを伸ばす工夫をすると良いです。

 

ただ、あくまで1番重要なのは圧倒的なコンテンツです。

 

コンテンツが素晴しければ滞在時間もPV数も勝手に伸びるので、

小手先のテクニックに頼る前に、

まずは良い物を作るという意識でサイトを作成して下さい。

 

 

内部SEO対策の注意点

 

さて、今まで内部SEOについて話してきましたが、

SEOに拘るあまり陥ってしまうミスもあります。

 

SEOは過度にやり過ぎると逆効果なので、

ミスを犯さないように注意点についても解説しておきましょう。

 

まず1つはキーワードを意識しすぎないということです。

 

例えばキーワードを意識しすぎるあまり、

記事タイトルなどが「SEO対策 方法 無料」など、

単語の羅列になっているサイトがたまにあります。

 

しかし、僕は最初に言いましたが、

内部SEOはユーザーに快適なサイトを作ることです。

 

なのでキーワードの羅列はユーザーを意識できていないので、

内部SEOとしては逆効果なのです。

 

ちゃんと人が読むことを意識して、

「SEO対策を無料で行う方法とは?」などと、

文章でタイトルを作るようにしてください。

 

これは勿論、文章も同じです。

 

キーワードを意識しすぎるあまり、

 

「あなたはSEO対策を無料で行う方法と知っていますか?

SEO対策を無料で行うには・・・」

 

などと文章が不自然になってしまっていることが、

初心者には往々にしてあります。

 

なので文章を書くときもキーワードには注意してください。

 

今のGoogleはかなり優秀なので、

そんなにキーワードを露骨に散りばめなくても、

ある程度入れておけばちゃんと判断してくれます。

 

そして2つ目に注意して欲しいのが、

キーワードと記事内容を合致されることです。

 

これも初心者には結構有りがちなミスで、

例えば「SEO対策 無料」というキーワードで狙っているのに、

記事内容は有料のSEO対策について書かれているみたいなことがあります。

 

まあこれは非常に極端な例ですので、

ここまでの事例は実際には中々ないと思いますが、

結構キーワードを適当に入れてしまって、

ユーザーが求めている内容からズレている事があるので注意して下さい。

 

常にキーワードから察して、

ユーザーが求めている内容が何なのか、

考えるクセを付けておきましょう。

 

そして3つ目に注意して欲しいのが重複コンテンツです。

 

重複コンテンツとは要するに似た内容のコンテンツですね。

 

これは最悪ペナルティの対象となるので注意して下さい。

 

まぁ他人のサイトとの重複コンテンツは、

コピペとか甘いリライトなどで無い限り指摘されませんが、

自分のサイト内での重複は絶対避けるようにしましょう。

 

基本的に同じ内容の記事は2つ入れないで下さい。

 

たまにサイトのボリュームを出すために、

似た内容の記事を何個も書く人がいるのですが、

それは結果的に質の低いサイトと見なされてペナルティを受けます。

 

完全に逆効果なので注意して下さい。

 

 

まとめ

 

ということで今回は内部SEO対策について、

初心者にも分かり易く解説してみました。

 

外部SEOに頼りにくくなった今、

内部SEOをしっかり施していくのが、

SEOでの集客のキモになってきます。

 

なので、ぜひ今回の記事を参考にして内部SEOを施して、

サイトに沢山のアクセスを集めてみて下さい。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

もし、何かわからないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年4月メルマガ自動化で60万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。