セールスレターやレビューで仮想敵や理想の未来など比較対象を用意する理由やメリット

この記事は4分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

今回はセールスレターや商品レビューを書くときに、

仮想敵や理想の未来などの比較対象を用意する、

理由やメリットについて解説しました。

 

商品をセールスするときには、

定番で使うテクニックなので、

ぜひ動画で学んでみてください。

 

 

比較対象を用意する理由や重要性について

 

比較対象を用意する理由や重要性については2つあります。

 

まず1つは比較対象がなければ、

人は正確に物事を判断できないからです。

 

例えば、よく巷で言われるのは、

他者と自分を比べるのは良くないという話です。

 

しかし、実際は他人と自分を比べるからこそ、

自分のことがよく分かるのです。

 

それは短所だけでなく長所もです。

 

そもそも、そうやって相対的に物事を見ることでしか、

人は何かを認識できないようになっているので、

これは比べてしまうのは仕方のないことなのです。

 

そして2つ目に言えるのは、

比較対象があるからこそ、より魅力的に見えるということです。

 

あまり良い具体例ではないかもしれませんが、

顔立ちの整っていない人の隣に美女やイケメンがいたら、

どうしても整っている側の方がより良く見えてしまうと思います。

 

あるいは松阪牛の隣に安っぽい牛肉があったらどうでしょう?

 

同じように松阪牛がより美味しそうに見えるはずです。

 

これらと同じように商品を売る場合でも、

比較対象を用意することで、

よりその商品が魅力的に見えたり、

あるいは売っている自分を魅力的に見せたりできるのです。

 

比較対象があることで、

自分側がより輝くということを覚えておいて下さい。

 

 

商品を売るときに何を比較するのか?

 

続いてはビジネスで商品を売るときには、

何を比較していけば良いのか解説しましょう。

 

これは色々とありますが、

具体例を3つ挙げると、

 

・自社商品と他社商品

・自分と仮想敵

・買う未来と買わない未来

 

などが挙げられます。

 

まず自社商品と他者商品を比較する場合ですが、

これは分かりやすいと思います。

 

自社商品あるいは自分がアフィリエイトしている商品と、

他者の商品を比べることで自分側の商品の魅力を伝えられます。

 

例えば、商品の性能差をアピールすれば、

非常に分かり易く伝えることができますよね。

 

続いて2つ目の自分と仮想敵を比べる場合ですが、

これをすると自分側の正義を作ることが出来ます。

 

例えば稼ぐ系のセールスレターでよく見るのは、

 

「あなたが稼げないのは初心者を騙してお金を搾取している、

エセコンサルタントがいるからです。

私はそんな人たちにもう騙されること無く稼いで欲しいので、

今回教材を販売することにしました」

 

みたいな内容です。

 

これはザックリとした例ですが、

さらに細かく仮想敵がどれだけ悪か伝えることで、

自分を読み手の中でヒーローにすることができるのです。

 

そして3つ目の買う未来と買わない未来ですが、

これは商品を買った未来がどれだけ素晴らしい未来か伝え、

買わなかった未来がどれだけ残酷な未来か伝えます。

 

そうすることで、より買った場合の未来を、

バラ色で魅力的な世界であることが表現できるし、

買わないという選択肢を潰すことができるのです。

 

これもレターにはよく入っているパターンなので、

ぜひ覚えておいて下さい。

 

 

比較するときの注意点

 

続いて比較するときの注意点を解説します。

 

比較するときに注意してほしいことは3つあって、

 

・個人名や商品名を出さない

・証明できるデータなどを出す

・認知度が高いものを比較対象にする

 

などが挙げられます。

 

まず比較するときに個人名・商品名などは、

絶対に出さないようにして下さい。

 

特定の人物や商品を「〇〇がダメ」など比較すると、

それは誹謗中傷になってしまうのでよくありません。

 

あなたが気に入らない相手や商品でも、

相手側には相手なりの正義があるかもしれませんし、

読み手からしても特定の何かを叩くような人は印象が悪いです。

 

となると結局あなたも名前を出された相手も、

読み手も誰も得しない状態になってしまうので、

これはくれぐれも気を付けて下さい。

 

そして2つ目の「証明できるデータを出す」ですが、

何か主張をしたら、それを証明できる何かを提示するのは当然です。

 

例えば、商品Aと商品Bを比較したときに、

商品Aは商品Bより〇〇が優れていて…

 

と説明しても読み手は「本当なの?」と思うわけです。

 

だからグラフや数字など、

具体的なデータを用いると良いわけです。

 

そして3つ目の「認知度の高いものを比較対象にする」ですが、

単純に誰も知らないものと比較しても理解してもらえないですよね?

 

例えば他社商品と比較する場合、

誰もが知っているメジャーな商品と比較するから、

自社商品の凄さが伝わりやすいわけです。

 

もちろん認知度が低いものでも不可能ではありませんが、

その場合、その比較商品の説明から始めないといけないので、

本来売る商品とは関係ない文章が増えるので良くありません。

 

他でも言ってることですが読み手は文章を読むのが面倒なのです。

 

つまり短くできるところはなるべく削ったほうが良いわけで、

無駄な文章は入れないほうが良いのでやめておいた方が良いです。

 

 

まとめ

 

ということで今回は、

セールスレターや商品レビューを作成するときに、

比較対象を用意する理由やメリットなどを解説しました。

 

何かを比較して魅力や正しさを伝えるのは、

ネットビジネスに限らず色んなビジネスの現場で、

使われているテクニックなので覚えておいて下さい。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

また、何か分からないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、現在はパソコン1台で月100万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

どん底からたった6ヶ月で成功できた秘密は下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

実績画像はこちら
※2016年6月メール1通で200万円達成


いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。