最近気づいた知識を得ることの本当の意味

この記事は3分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

僕は現在、みんてぃあさんのある講座で4ヶ月ほど勉強しているんですが、

最近、あることに気が付きました。

 

それは知識を得ることの重要性です。

 

今までも知識を得るのは重要だと散々言ってきたので、

何を今更と思うかもしれませんが、

僕は今まで知識を得ることの重要性を本当の意味で理解していなかったのです。

 

今まで僕は、「稼ぐためには稼ぐための勉強をしなければいけない」という意味で、

「知識を得るのは大切なことです」と言ってきたに過ぎませんでした。

 

勿論、これは大切なことには違いありません。

 

商品を売るためには人がいないとダメですから、

集客のノウハウを学ぶのは当たり前だし、

 

集めた人に商品を買ってもらうためには、

商品の魅力を伝える必要があるので、

コピーライティングを学ぶのも当たり前です。

 

ですが人を集めるとか商品を販売する以外にも、

僕らにはもう1つやらなければならないことがありますよね?

 

そう、日々の情報発信です。

 

毎日、情報発信する中で、

どこからネタを探してくるかは結構大きな課題だと思います。

 

例えばメルマガをやってる人なら、

「今日のメルマガ何書こう・・・」と悩んだことが1回くらいはあるんじゃないですか?

 

僕も昔はメルマガやブログで何を書こうか、

ネタが無くて悩んだことは何度もありました。

 

が、最近は色んな知識を得たことで、

1日家に引きこもっていても数個はネタが出てくるようになってます。

 

これは「大量の知識がある=ネタが増える」という単純な話ではなくて、

知識が増えると日常にある色んな出来事を

自由にコンテンツに出来るようになるってことです。

 

あるいは、ビジネスに全然関係ない事柄から、

共通点を見つけ出して記事にすることも出来ます。

 

例えば、僕の場合だと、

「藤原紀香から学ぶダイエットサプリの危険性」

という記事なんかは良い例です。

 

あれは久々にmixiにログインしたときに偶然mixi内のニュース欄で見つけた、

藤原紀香の記事をビジネスに結びつけて書いたもので、

最終的に「ラクして成功できる方法なんてない」ということを伝えようと書いたものです。

 

他にも「最近、流行りのラノベを見て思う「時代」を読む必要性」という記事とか、

「好きな女の子にフラレて気づいたこと」という記事など、

僕が書く内容は、日常の生活の中で見つけたものや、

過去の体験などを自分の専門領域に結びつけて記事にしたものが沢山あります。

 

色んなことを勉強すると、こんな風に日々経験したことから、

共通点を見つけ出して無限にネタを作り出せるようになるわけです。

 

つまり知識を得ることとは、様々なことを結びつけるために、

脳みそを鍛えているって感覚ですね。

 

共通点を見つけ出せるようになると、あちこちからネタが見つかるので、

情報発信がラクになるのは勿論ですが、

もう1つメリットとなるのが、

発信がユニークになるので他者と差別化を図ることが出来ます。

 

情報発信というのは自分から情報を受け取っている意味を

相手に見出して貰わないといけませんので、これは結構重要なことです。

 

分かりやすくいうと、情報発信をしている人なんて沢山いるわけですから、

自分なりの解釈とか、自分の体験談とか、

何かしらの”自分だから出来る発信”を混ぜないとダメなのです。

 

でないと、「DRMとは神田昌典さんが日本に持ち込んだもので・・・」

みたいなことを延々と説明するだけでは、

辞書引いてるのと変わらないわけですから、

あなたから情報受け取る意味が無いし、面白くないわけです。

 

すると最悪の場合、「あっちの人の方が稼いでるから、あの人のメルマガ読もう」

みたいに読者が離れていってしまう危険性があるのです。

 

だから知識を得るときは、

単純に得た知識を利用するために勉強しているんだという視点以外に、

自分を進化させている(脳みそを鍛えている)んだという感覚を持っておいて下さい。

 

 

役に立ったらSNSでシェアお願いします↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:太田一正


2012年からインターネットで起業し、ビジネスのコンサルタントとして活動。ビジネス経験ゼロの初心者に月収50万円を稼がせるなど活躍するが、お金儲けを追求することに嫌気が差し、自分の本当にやりたいことは何か模索した結果、占い師に転向したという風変わりな経歴を持つ。

いつもクリックありがとうございます。
ブログの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る