ライバルサイトのリサーチ方法とチェックする内容を解説

この記事は5分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

今回はライバルサイトのリサーチ方法と、

チェックポイントについて解説します。

 

ライバルサイトをチェックするときに、

どういったポイントを調べれば良いのか、

解説しているので動画で学んでみてください。

 

 

ライバルサイトリサーチの基礎知識

 

そもそもライバルサイトをリサーチする目的ですが、

1番の理由は狙っているキーワードとか、

狙っているジャンルで上位表示できるか知るためです。

 

そこで重要になってくるのは、

どこまでのサイトを調べれば良いのかですが、

これについては本来、制限はありません。

 

ただ、基本的にSEOでアクセスを集めてくるには、

検索結果の10位以内には入らないといけません。

 

なので狙っているキーワードで検索をかけて、

10位まで(1ページ目)に表示されているサイトは、

最低限全てチェックします。

 

見るべきポイントですが、

 

・ライバルサイトのタイトル

・無料ブログが10位以内にあるか

・記事の内容とボリューム

・ライバルサイト全体の強さ

 

この辺は最低限見ていきましょう。

 

このように色々な角度からライバルを見ることで、

総合的に判断して狙うか狙わないかを決めることになります。

 

ちなみにライバルサイトをチェックすることで、

キーワード毎にどんな記事が上位表示されているかも、

分かってくるので記事を書くときの参考にもなるので、

面倒でも必ずリサーチはやるようにして下さい。

 

 

ライバルサイトのタイトルに含まれるキーワードをチェック

 

では続いてライバルサイトのタイトルに含まれている、

キーワードをチェックする方法を解説します。

 

と言ってもやることは簡単で、

まずGoogleなどの検索エンジンで、

狙いたいキーワードで検索をかけてみます。

 

そして検索結果に表示された競合サイトに、

ちゃんとキーワードが含まれているか、

10位まで順番に見ていきましょう。

 

ちなみに当たり前ですが、

狙ったキーワードが含まれていないサイトが多いほうが、

狙いどころであるといえます。

 

ただし、先ほども言いましたが、

あくまで1つの判断材料に過ぎず、

実際は他の様々な要素から総合的に判断していきます。

 

なので仮に10位全てのサイトで、

キーワードが入ってなかったとしても、

それだけでは勝てるとは限りません。

 

 

ライバルサイトの内容を調べる

 

続いてライバルサイトの内容を調べていきます。

 

メインで見るべき箇所は、

やはり記事の内容とボリュームです。

 

どれくらいの質でコンテンツを作っているかは、

非常に重要な部分なので10位まで一通りチェックして下さい。

 

で、まず記事の内容についてですが、

キーワードに対してどんな内容を書いているか?

を調べて下さい。

 

そうすることで自分が記事を書くときも、

どんな内容を書けば良いのか、

つまりユーザーのニーズが分かるのでおすすめです。

 

それから記事の中にキーワードが、

ちゃんと含まれているかも確認しておきましょう。

 

また、記事全体の質も見ておいてください。

 

記事のボリュームもそうですが、

アイキャッチ画像や説明用の画像が使われているか、

小見出しや文字装飾を使って分かり易く書かれているか、

動画が使われているかなどなどです。

 

ちなみに文章は、

基本的に長ければ長いほど良いです。

 

最低1000文字程度は必要で、

ビッグキーワードで狙う場合は、

5000字~1万字くらいで書くこともあります。

 

一般的な複合キーワードで狙う場合も、

2000~3000字程度で書かれている記事が、

上位にある傾向にあるので覚えておいて下さい。

 

ただし、これはあくまで情報が濃いことが前提です。

 

ただかさ増しのために意味のない文字列を増やしても、

全然SEOに効果はないので注意してください。

 

後はURLを確認して無料ブログかどうか、

チェックするのも忘れずに。

 

他でも解説しましたが無料ブログは独自ドメインに比べ、

SEO的にそんなに強くないので、

もし10位以内に無料ブログがあれば、

それだけでライバルが弱いキーワードだといえます。

 

 

ライバルサイト全体の強さをツールでチェックする

 

続いてライバルサイト全体の強さを、

ツールでチェックする方法について解説します。

 

使うツールは「SEOチェキ」というものです。

 

SEOチェキはこちら

 

このツールは他のコンテンツでも紹介していますが、

無料で使えるツールにしては使い勝手が良いです。

 

ページランク、ドメインエイジ、インデックス数など、

ライバルサイトの様々な情報をチェックできるので、

必ずブックマークしておいてください。

 

で、ライバルサイトをチェックするときは、

トップページで検索をかけます。

 

まず見るべきポイントとしてはページランクです。

 

ページランクは現在は更新が止まっていますが、

それでも過去にどれくらいのランクだったか参考にはなります。

 

これがもしページランク5などの高ランクだった場合、

そのサイトはかなり強い可能性があるので、

勝負は避けたほうが良いかもしれません。

 

他にはインデックス数も見ておいて下さい。

 

基本的にインデックス数が多いサイトの方が、

強いサイトだとGoogleは判断します。

 

なのでインデックス数が1000など高い場合、

かなり育っているサイトなので、

勝負を避けた方が良い可能性があります。

 

勿論、インデックス数が多くても、

内容の薄い記事ばかりだと大した評価はされていないので、

これだけでは判断できません。

 

なので記事内容がどんな感じなのかも、

目視で必ずチェックしておいてください。

 

そして後はドメインエイジも見ておくと良いです。

 

つまりいつ頃取得されたドメインなのか、

どれくらい運営されているサイトなのか、

という部分ですね。

 

基本的に長く運営されているサイトの方が、

Googleは高評価を与える傾向にあるし、

単純に長く運営されているサイトの方が、

記事数なども多く育っている可能性が高いわけです。

 

また、サイト内容と明らかにドメイン名が一致しない場合、

オールドドメインを取得している可能性も高いので、

その辺もチェックするという意味が込められています。

 

こういうデータを目視と合わせてチェックしていけば、

大分ライバルの詳細が細かく見えてくるのでやってみてください。

 

 

まとめ

 

ということで今回はライバルサイトのリサーチ方法と、

チェックポイントについて解説しました。

 

リサーチを行わないでサイトを作ってしまうと、

ライバルが強すぎて勝てず、

あなたの努力が無駄になってしまう可能性があります。

 

また、ライバルのリサーチはキーワードだけでなく、

様々な情報を調べることができますので、

必ずやるクセを付けておいて下さい。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

また、何か分からないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年4月メルマガ自動化で60万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。