メンターの意味や選び方、見つけるメリット、指導されるときの注意点など

この記事は5分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

今回はメンターについて解説します。

 

メンターの意味や選び方、見つけるメリットなどなど、

解説したのでぜひ動画で学んでみてください。

 

 

メンターとは?意味やメリットなど

 

そもそもメンターとは何なのか?

 

恐らく自己啓発本などを読み慣れていないと、

知らない方もいるのではないかと思います。

 

僕もビジネスを始めた当初は知りませんでしたが、

実はメンターとは師匠とか先生のような存在を指します。

 

つまり、ナルトでいう自来也とかカカシ先生のことですね。

 

こういった人物はビジネスで成功したければ、

必ず必要になってきます。

 

いくらネットビジネスといえども、

完全な初心者がメンターからの指導なしで上手くほど、

甘くはありません。

 

なので必ずメンターは見つけるようにしてください。

 

ただし、1つ注意しておくと、

メンターは慎重に選ばないといけません。

 

ビジネスの実力があれば誰でも良いわけではなくて、

実力+人間的にも優れた人をメンターとすべきです。

 

でないと自分の人生も狂ってくるからです。

 

例えば、あなたのメンターとなる人が、

「お金さえ稼げればどんな手を使っても良いんです」

と言えば、あなたもそういう稼ぎ方を覚えてしまい、

他者を不幸にしてしまいます。

 

そしてそれは巡り巡って自分に返ってくるので、

最終的には自分も不幸になってしまいます。

 

しかし、別のメンターが、

「ビジネスは誰かを幸せにした対価としてお金を頂くものなんだよ」

と言えば、あなたはそういう美しいビジネスをするはずです。

 

そうすればお金が稼げて、人からも感謝されて、

あなた自身が幸せな人生を歩むことができます。

 

つまりメンター次第であなたの人生も大きく変わってくるので、

メンター選びは重要であるということです。

 

 

メンターの選び方

 

続いてメンターの選び方について解説します。

 

まず前提として言えるのは、

自分と相性の合う人をメンターにすることをおすすめします。

 

その人から指導を仰ぐわけですから、

様々な意味で相性は重要です。

 

では相性とは具体的に何なのかというと、

例えば自分が好きになれる人かどうかです。

 

つまり感情の部分ですね。

 

いくら実力があって凄い人でも、

嫌い人から指導されるのは苦痛なはずですし、

密なコミュニケーションは取れないですよね。

 

それから尊敬できるかも重要です。

 

これはビジネスの実力もそうですが、

何か自分ができないことができるとか、

自分の理想像を体現しているとか、

何か尊敬できるポイントがあるということです。

 

そして説明が分かりやすいかどうかも重要です。

 

まぁこれは当たり前かもしれませんが、

その人から指導されるのに、

説明が分かりにくかったら致命的ですよね。

 

ただ、1つ言っておくと分かりやすさとは、

自分にとって分かりやすいかどうかです。

 

例えば他の人には分かりにくくても、

自分はわかりやすければOKだとということです。

 

最初に言いましたが自分との相性ですね。

 

そして次にちゃんと話を聞いてくれるかも重要です。

 

やはり何か困ったことをメンターに相談するのですから、

ちゃんと自分の話を聞いてくれないと困りますね。

 

途中で話を遮って適当に喋る人や、

「いいからお前は黙って言うとおりにやってろ」

みたいなことを言う人はメンターにしてはいけません。

 

そしてちゃんとダメ出しをしてくれるかも重要です。

 

あなたはメンターに教わりにいくわけですから、

ダメな部分はちゃんと指摘してくれないと意味がないです。

 

そもそも基本的に、

メンターからの指導はタダでは受けられません。

 

プロから指導してもらうわけですから、

お金を払うなど対価を支払って受けるはずです。

 

だったら尚更、ちゃんと結果が出るように、

ダメ出ししてもらわないと、

支払った対価が無駄になってしまいます。

 

なので、ちゃんとダメ出ししてくれる人を、

メンターにして下さい。

 

“ダメ出し”と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、

優れたメンターはちゃんと言い方も考慮してくれます。

 

逆にあなたの気持ちを配慮していない、

酷い言い方をする人はメンターには選ばないことです。

 

ここもつまりは自分との相性です。

 

 

メンターから教わるときの注意点

 

続いてメンターから教わるときの注意点を解説します。

 

まず最も重要なのは、素直に話を聞くということです。

 

あなたが「この人なら間違いない」と選んだメンターなら、

その人はあなたの成功を心から願って言ってくれています。

 

なのでメンターのいうことは、

例え納得がいかなくとも取り敢えず受け入れて下さい。

 

「でも」とか「だって」などの言葉は使わないことです。

 

メンターのいうことに、いちいち反抗していたら、

そもそも教わる意味がないですし、

メンターにも「何言っても無駄だな」と思われてしまいます。

 

とは言っても、勿論メンターが出した答えに対して、

「何故ですか?」と聞き返すのはOKです。

 

基本的に納得できないのは、

「何故その答えになるのか」が理解できてないからです。

 

なので原理の部分を質問して明確な答えを貰って下さい。

 

そして2つ目にメンターの話を聞くときは、

途中で遮らないことも重要です。

 

あなたの話を遮るようなメンターもダメですが、

逆にあなたがメンターの話を遮るのも良くないですね。

 

なぜなら途中で話を遮ると、

重要な内容を聞き出せない可能性があるからです。

 

同じ話を聞こうとしてもメンターも人間なので、

何を言おうとしていたか忘れるかもしれないので、

聞ける話はその時聞いておくのが得策です。

 

そして3つ目にメモを取るのも常識です。

 

当たり前ですけどメンターが言ったことを、

全て覚えられる人なんていませんし、

メモがあれば後から復習することもできます。

 

ちなみにメモを取るときの方法なんですが、

僕は普段はメモは紙とペンが良いといっています。

 

その方が頭にすんなり入ってくると思うからです。

 

しかし、メンターから指導を受けているときは、

パソコンでメモを取る方が良いですね。

 

なぜならパソコンの方がスピードが早いから。

 

勿論、タイミングのスピードに依存しますが、

普通はペンで書くよりも大分早いと思うので、

ぜひパソコンを使ってみてください。

 

逆に動画や音声など繰り返し聞けるものは、

紙とペンが良いですね。

 

 

まとめ

 

ということで今回は、メンターの意味や選び方、

そして教わるときの注意点などを解説しました。

 

今、業界にいるどんなに凄い人でも、

誰かしらメンターは存在します。

 

一見そうは見えなくても、

それは本人がブランディングの関係上、

見せていないだけです。

 

ですので、あなたも成功したければ、

必ず素晴らしいメンターを見つけて下さい。

 

その方が失敗しないどころか、

最短最速で成功できるし良い事だらけです。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

また、何か分からないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年4月メルマガ自動化で60万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。