ビジネスに適したサイトレイアウトやカラムの種類、使い方などの基礎知識

この記事は4分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

今回はサイトのレイアウトについて解説します。

 

ネットビジネスに適したサイトのレイアウトや、

カラムの種類、使い方など解説したので、

動画で学んでみてください。

 

 

レイアウトの重要性

 

まずレイアウトの重要性から解説します。

 

趣味でサイトやブログを運営するなら、

別にどんなレイアウトであろうと構いませんが、

ビジネスでサイト運営をするならレイアウトは整えましょう。

 

なぜならユーザーの目線の動きは決まっているからです。

 

ユーザーの目線の動きには初回と2度目以降で、

それぞれ法則性があるのです。

 

まずユーザーがあなたのサイトに初めて訪れたときは、

目線がZの動きで移動すると言われています。

 

そして二度目以降はFの形で移動します。

 

なので、この動きに合わせて、

タイトルやコンテンツ、メニューなど、

様々なものを配置していくのが良いわけです。

 

また、もう1つの理由として、

目的別に適したレイアウトがあるというのも挙げられます。

 

例えば商品を売りたいのか、

沢山の情報があると思わせたいのか、

しっかりコンテンツに目を通して欲しいのかなど、

色んな目的に応じてレイアウトは変えていかないとダメなのです。

 

なので、他のコンテンツでも言ってることですが、

ビジネスをやるのであれば有料のテンプレートを買いましょう。

 

有料のテンプレートはプロが作ってますから、

ビジネス向けのサイト運営に適した機能が入っていますので、

お金払うだけで全てが解決します。

 

 

レイアウトの基礎知識

 

続いてレイアウトの基礎を解説します。

 

まずサイトのサイズについてですが、

現在の主流は960pxです。

 

昔は700pxと言われていましたが、

ディスプレイの大型化も進み、

より大きなサイズが表示できるようになったのが、

変更された理由ですね。

 

この「px」という単位に馴染みがないと思いますが、

簡単に言えば僕のブログくらいのサイズが、

現在の主流だということです。

 

で、レイアウトには基本的に4種類あって、

3カラム、2カラム、1カラム、その他に分けられます。

 

この中で「その他」に属するレイアウトは、

基本的にビジネスでは使いません。

 

逆に1番多いのは2カラムですね。

 

僕のブログも2カラムです。

 

つまりコンテンツとサイドメニューで分かれているのが、

2カラムというレイアウトなのです。

 

これが3カラムになるとサイドメニューの数が増えます。

 

増えたサイドメニューの配置は、

基本的にコンテンツを真ん中に挟む形が多いですが、

左か右に寄せる場合もあります。

 

そして1カラムの場合はサイドメニューがない状態です。

 

セールスレターなども一応1カラムですね。

 

ただワードプレスで1カラムを使用するときは、

大体グローバルメニューは残るので、

セールスレターとは微妙に違ったりします。

 

後はスマホサイトも基本的に1カラムです。

 

ちなみにスマホサイトとPCサイトを、

ユーザーに合わせて自動で切り替えられるテンプレートがあって、

それをレスポンシブ・ウェブデザインと言います。

 

今や常識となっているので、

合わせて覚えておいて下さい。

 

 

各カラムのメリットと使い方

 

続いて各カラムのメリットと使い方を解説します。

 

まず3カラムから解説しますが、

サイドメニューが多いためユーザーに情報を多く届けられます。

 

勿論その分、コンテンツエリアは狭くなりますし、

ごちゃごちゃして見難くなるので、

使う場面を選ぶ必要があります。

 

よく使われる状況としては、

広告を貼る場合ですね。

 

片方のサイドメニューにナビゲーションを置き、

もう片方のサイドメニューにアフィリエイト商品や、

普通の広告などを貼るわけです。

 

こうすることで、どのページでも商品を宣伝できるので、

商品を目立たせることができます。

 

続いて2カラムについてですが、

先ほども言ったように1番一般的なカラムです。

 

なので基本的には2カラムで良いです。

 

2カラムだとコンテンツを邪魔しないので、

記事が読まれやすくなり、

滞在時間も上がりやすくなります。

 

アフィリエイト商品を置くにしても、

別に数がない限りは同じサイドバーに置けば良いし、

特別な理由が無い限り2カラムにして下さい。

 

ちなみにサイトメニューの位置は、

右側に置くのが一般的です。

 

そして1カラムについてですが、

これはよそ見をしないで記事を読んで欲しいとき専用です。

 

例えば商品をセールスするときなどが定番です。

 

あるいはプロフィールなども使えますね。

 

 

まとめ

 

ということで今回は、

サイトのレイアウトについて解説しました。

 

サイトの回遊率や商品の成約率など、

色々なものに影響してくるのがレイアウトなので、

状況に合わせたものを的確に選ぶようにしてください。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

また、何か分からないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年4月メルマガ自動化で60万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。