コピーライティングでストーリーの力を使うメリット、使い方、訓練法など

この記事は4分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

今回はコピーライティングでストーリーを使う、

メリットや使い方、訓練法などを解説しました。

 

ストーリーは上手く使うことで強力な効果があるので、

ぜひ動画で学んでみてください。

 

 

ストーリーを導入する魅力やメリット

 

まずストーリーを導入する魅力やメリットを解説します。

 

ストーリーには人を惹きつける強力な作用があるため、

まず読んでもらいやすくなるという点が挙げられます。

 

みんなストーリーって大好きなのです。

 

例えば、漫画、ドラマ、アニメ、映画など、

全てストーリーですよね。

 

こんな風に人間は、

昔からストーリーを楽しむ習慣があったのです。

 

だからコピーライティングでも一緒で、

上手くストーリーを入れ込むことによって、

かなり精読率が上昇します。

 

そして2つ目に信じてもらいやすいのも、

ストーリーの大きなメリットです。

 

自分の主張をストーリー形式で語るだけで、

人は信じる傾向にあるのです。

 

通常、自分の主張や自分自身のことを信じてもらうには、

社会的証明というテクニックを使っていきます。

 

しかし、ストーリーを使えば、

そういった客観的な証明なしでも信じられやすくなるのです。

 

そして3つ目に反応が取れやすいのもストーリーの魅力です。

 

先ほど、みんなストーリーが大好きだと言いましたが、

漫画や映画などメディアで展開されているストーリーは、

ほぼ全てが作り物ですよね?

 

にも関わらず涙を流して感動するし、

大声で笑ったり、怒ったりするんです。

 

つまり、それくらい人の感情を動かしやすいということです。

 

そして4つ目に記憶に残りやすいのもメリットですね。

 

勿論、ストーリーの全てを覚えていられるわけではないですが、

映画とか見ると大体のあらすじは覚えているはずです。

 

それも半年前とか1年前に見た映画ですら、

大まかな内容は覚えていることが多いと思います。

 

映画って約2時間とか上映されるので、

これって相当凄いことです。

 

これが例えば大学の90分の授業だったらどうでしょう?

 

半年どころか1ヶ月も経てば、

恐らく何喋ってかすら覚えていないはずです。

 

なので記憶に残らせるという観点からも、

ストーリーは使えるということですね。

 

 

ストーリーが活かせる場面とは?

 

続いてストーリーを活かせる場面を解説します。

 

ストーリーを使える瞬間って色々あるんですが、

例えば自分の理念や信念を語るときは定番です。

 

自分の理念や信念を信じてもらう手段として、

上手くストーリーを入れるわけですね。

 

例えば、よくセールスレターを分析すると入っているのが、

「貧乏だった、あの頃の自分」というストーリーです。

 

「私は昔、借金まみれで」とか、そういうやつですね。

 

そのようなストーリーを語っておいて、

だから私は稼げない人を救いたくて…

みたいな理念を語るわけです。

 

そして2つ目に商品開発の経緯も定番ですね。

 

その商品を作った理由もそうですが、

作るまでにどんな困難があったのかとか、

そういう苦労話などを語ることで、

どれくらい商品を拘って作っているかが示せるわけです。

 

そして3つ目にJVやプレナーの魅力を語るときも有効です。

 

JVとはジョイントベンチャーの略で、

つまりは合同でビジネスをやる相手のことです。

 

で、プレナーとはアフィリエイターとして、

そのプレナーの商品を売ってあげる場合ですね。

 

お客さんはあなたのことは信頼していても、

JV相手やプレナーのことは知らないかもしれないし、

信用できる相手なのか疑っているかもしれません。

 

そこで、その相手がどれだけ素晴らしい人なのか分かる、

ストーリーを語って証明するわけですね。

 

そして4つ目に残酷な結末と素敵な未来を語るときです。

 

これは商品を買った場合の素敵な未来と、

買わなかった場合の残酷な結末という意味です。

 

要するに商品を買ったら、

どれだけ素晴らしい未来が待っているのか、

ストーリーで語って具体的にイメージさせるわけです。

 

そして買わなかった場合に迎える結末も、

ストーリー形式で具体性を持って語りかけることで、

恐怖を感じさせることができるわけですね。

 

勿論あくまで「こうなるかもしれない」という話をするだけなので、

ある種、フィクションといってもいい話ですが、

でもドラマや映画が好まれている世の中を見れば、

これがどれくらい効果があるのか分かるはずです。

 

 

上手いストーリーを書くコツや訓練法

 

続いて上手いストーリーを書くコツや、

訓練法について解説していきます。

 

まず最初にすべきことはストーリーの型を学ぶことです。

 

有名な書籍として「神話の法則」という本があるので、

ちょっと高いですが読んでみると良いです。

 

こういう型は映画などでは定番で使われていて、

特にハリウッド映画などは多額のお金を突っ込むので、

ヒットさせられないとマズイので結構型通りに作られています。

 

そういう型を学んで活かせる部分を、

セールスレターやメルマガで利用するわけですね。

 

そして型を学んだら、

それが現場でどのように使われているか、

実際に分析してみてください。

 

特にセールスレターの分析をすると、

定番のストーリー展開が分かるようになるのでおすすめです。

 

勿論、メルマガの方も、

ストーリーを使うのが上手い人のを分析すると、

色々参考になることがあるのでやってみてください。

 

で、現場でどのように活かされているか分かったら、

後はひたすら書くのみですね。

 

結局のところ文章は書かないと上手くなりません。

 

どんなストーリーが人の心を動かすのか、

理解するのはそんなに難しくないですが、

そういうストーリーを自分で語れるようになるには、

それなりの訓練を積まなければ無理だということです。

 

 

まとめ

 

ということで今回はコピーライティングで、

ストーリーを使うメリット、使い方、訓練法などを解説しました。

 

その他のコピーライティングテクニックと一緒に、

ストーリーの力を上手く活用することによって、

かなり反応の取れる文章が書けるようになるので、

ぜひストーリーを使えるようになって下さい。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

また、何か分からないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. メルマガ用ランディングページ

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、現在はパソコン1台で月100万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

どん底からたった6ヶ月で成功できた秘密は下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

実績画像はこちら
※2016年6月メール1通で200万円達成


いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。