コピーライティングの型「PASONAの法則」の意味、使い方、具体例など

この記事は4分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

今回はPASONAの法則について解説します。

 

PASONAの法則とは一体どういう意味で、

どんなメリットや効果があるのかなど、

解説したので、ぜひ動画で学んでみてください。

 

 

PASONAの法則とは?基礎知識について

 

PASONAの法則とは簡単に言うと、

セールスのときに使う文章の型のことです。

 

ネットビジネスで言えばセールスレターや、

商品レビューなどに使うことができます。

 

PASONAとは、それぞれ英単語の頭文字で、

P、A、SO、N、Aの5つの段階に分かれます。

 

この5つの段階は人が購買に至るときの心理変化に沿っていて、

スムーズに商品購入まで誘導してくることができるので、

まず初心者は型通りに書くと失敗がなくて良いですね。

 

しかもPASONAの法則は神田昌典さんといって、

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を日本に輸入してきた、

ビジネスのプロ中のプロが作った型なので効果は間違いありません。

 

まぁ他にも文章の型は色々あって、

僕もQUESTFORMULAという別の型も紹介しているので、

そちらも一緒に見てもらえると理解が深まります。

 

人が何かを購入するまでの流れが大体分かるようになりますよ。

 

 

PASONAの法則の意味

 

続いてPASONAの法則のそれぞれの意味を解説します。

 

P、A、SO、N、Aと5つの段階に分かれていると言いましたが、

 

・Problem

・Agitation

・Solution

・Narrow down

・Action

 

と具体的には、この5つで構成されています。

 

まずProblemですが、

これは相手の問題点を明確化する段階です。

 

そうすることでターゲッティングをするわけですね。

 

続いてAgitationですが、

ここでは問題点を煽ります。

 

そうやって煽ることで、

相手に「抱えている問題を解決しなければ」と、

焦らせる目的があるわけです。

 

そしてSolutionですが、

これは問題の解決策を提示する段階です。

 

散々煽った後に解決策、つまり商品の存在を教えることで、

その商品に興味を持たせることができるわけですね。

 

そしてNarrow downですが、

ここでは商品を手に入れられる人を限定します。

 

ここはつまり購入できる人を絞ることで、

「今すぐ買わなければ」という気持ちにさせるわけです。

 

限定性については他でも解説しているので、

一緒に見て頂けると理解が深まるのでおすすめです。

 

そして最後にActionですが、

これは言うまでもなく行動させる段階です。

 

ここまでくれば読み手側の人は、

商品を欲しくなっているはずですから、

購入を促すだけで良いわけですね。

 

ということで以上5つが、

PASONAの法則のそれぞれの意味となります。

 

 

PASONAの法則の具体例

 

続いてPASONAの法則の具体例を出していきましょう。

 

それぞれ5つの段階でどんなことを書けば良いのかですね。

 

まずProblemから解説しますが、

ここでは「あなたは〇〇に悩んでいませんか?」などが定番です。

 

例えば「ニキビに悩んでいませんか」とか、

「痩せたいのに痩せられなくて困っているのではないですか?」

などなどの表現をして相手の問題点をあぶり出すわけです。

 

そうすることで「あ、自分に言われている」と、

相手は思うのでターゲッティングになっているんですね。

 

そしてAgitationですが、

ここは先ほどは問題点を煽ると解説しました。

 

なので例えば「そのニキビ放っておくと大変なことになりますよ」

など今のままではマズイことを伝えたりします。

 

このように煽り立てることによって、

次の段階で商品を紹介したときに、

強烈な興味を抱かせることができるわけです。

 

そしてSolutionですが、

これは先ほどは解決策の提示と解説しました。

 

なので商品の紹介などを行っていく段階になります。

 

その商品がいかに抱えている問題を、

素早く簡単に解決してくれるかという魅力を説明することで、

その商品を欲しくさせることが出来ます。

 

そしてNarrow downですが、

ここでは解決策を手に入れられる人を限定するんでしたね。

 

なので例えば「〇〇名限定で販売します」などと、

説明するわけです。

 

ここで重要なのは必ず限定になる理由を説明することで、

理由なしに限定性を出してもあまり効果はありません。

 

特に稼ぐ系の場合、

こういうテクニックを勉強している人も多いので、

理由もなく限定性を出すのは「売りたいだけだな」と思われて、

逆にお客さんが離れていってしまう可能性もあります。

 

ですから限定性自体は数を絞ったり、

販売時間を絞ったり何でも良いですが、

そうする明確な理由をセットで書くようにして下さい。

 

そしてActionですが、

ここでは「購入して下さい」と行動を促す段階ですね。

 

基本的にターゲットが抱えている問題を、

解決できる商品を提示して、

さらに限定性まで出しているんですから、

後は行動を促せば売れていきます。

 

なので特別やることはないのですが、

それでも購入を迷っている人に、

購入を決断させるための一押しをしていく段階でもあります。

 

例えば分かりやすいのが返金保証ですね。

 

どんなに欲しくても迷う理由は、

結局のところ、お金の払うという負担があるからなので、

それを返金保証で取り去るわけです。

 

ただし、これをやると意識が低い層に売れる確率が上がるので、

クレームが増えることは覚えておいて下さい。

 

 

まとめ

 

ということで今回は、

PASONAの法則について解説しました。

 

 

こういった型はセールスレターは勿論ですが、

サイトアフィリで商品レビューなど書いて売るときにも使える、

非常に便利なものなので使いこなせるようになっておいて下さい。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

もし、何かわからないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、現在はパソコン1台で月100万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

どん底からたった6ヶ月で成功できた秘密は下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

実績画像はこちら
※2016年6月メール1通で200万円達成


いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。