ブログとメルマガは同じ内容で良い?媒体の違いから分かる記事の書き方とは?

この記事は5分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

今回はブログとメルマガの違いと、

そこから分かる記事の書き方について解説します。

 

良くメルマガで配信した記事を、

そのままブログにコピペで載せている人がいますが、

実は同じ内容を使い回すのって良くありません。

 

それぞれの媒体で記事を書くときに、

気を付けなければならないことなど解説したので、

ぜひ記事や動画で学んでみてください。

 

 

ブログとメルマガの違いとは?

 

まずはブログとメルマガの違いを理解しないことには、

それぞれでの記事の書き方も分からないと思うので、

各媒体の違いから解説しておきましょう。

 

プル型の媒体『ブログ』の特徴

 

まずブログの特徴として言えることですが、

ブログはプル型の媒体といわれています。

 

プル(Pull)とは引き寄せるという意味の単語ですね。

 

その言葉通りブログとは、

主に検索エンジンから集客してくる媒体であり、

 

・何らかの情報を知りたいユーザーが向こうから訪れる

 

という特徴が挙げられます。

 

これがメルマガとの最大の違いですね。

 

プッシュ型の媒体『メルマガ』の特徴

 

一方、メルマガの特徴ですが、

メルマガはプッシュ型の媒体といわれていて、

ブログとは真逆の関係にあります。

 

実際、メルマガは発信者側から読み手に情報を届けますよね。

 

メルマガの場合は情報を届けて欲しい人が登録して、

発信者からメールが届くのを待つ形になるわけです。

 

 

各媒体の違いから記事の書き方が見えてくる

 

この辺のブログとメルマガ、それぞれの特徴を知り、

違いをハッキリさせることで、

どんな記事を書けば良いのかが見えてきます。

 

例えば、メルマガの場合、

読者は自分で登録しているわけですから、

僕やあなたから送られてくるのを望んでいるわけです。

 

一方、ブログの場合は、

基本的に検索エンジンでキーワードを入力して、

僕やあなたが作ったブログにたどり着きます。

 

なのでユーザー側は僕らの発信を求めているというよりは、

自分の知りたいことを解決するためブログに訪れたわけです。

 

また、ブログの場合は新規ユーザーの方が圧倒的に多いので、

基本的に自分のことは知らない人が読んでいることになります。

 

しかし、メルマガの場合は新規登録者以外は、

当然、自分の発信を日々読んでくれている人たちになります。

 

要するに読者の属性が違ってくるわけですから、

ブログ記事とメルマガ記事は同じ内容ではダメだってことです。

 

ただし、メルマガで送った記事を、

ブログにコピペで載せても有効な場合があります。

 

登録するか迷っているユーザーの判断材料になるからですね。

 

ですので、特に反応の良かったメルマガだけでも、

ブログにサンプルとして載せておくと良いでしょう。

 

 

各媒体での記事の書き方とは?

 

ではブログとメルマガは、

それぞれどんな記事を書いていけば良いのでしょうか?

 

順番に解説していきましょう。

 

ブログ記事の書き方

 

まずブログの場合は、

 

・向こうが知りたい情報を求めて訪れる

・新規ユーザーが多い

 

などの特徴があるわけですから、

自分の話よりも相手が知りたい情報を、

提供することを優先した方が良いです。

 

勿論、「自分の情報を全く入れるな」

というわけではありません。

 

それだと逆にオリジナリティがなくなるので、

自分の体験談などを具体例として出したりすべきです。

 

ただ1つ気を付けてほしいのは文章の冒頭部分です。

 

よく初心者がやってしまうミスとして、

全然記事の内容に関係ない個人的な話を、

前置きとしてやってしまうことです。

 

例えば、

 

「今日は天気が良くてランニングをしました」

「久しぶりのブログ更新となりますが元気にしていましたか?」

 

などですね。

 

こういうのってメルマガの場合だと、

自分の発信に興味を持ってくれているので、

ある程度ブランディングができている状態ならOKです。

 

でもブログはSEOでアクセスが来た場合、

先ほども言ったように自分が知りたい情報を求めているので、

そういう関係ない話を冒頭に入れてしまうと、

その時点でブログから離脱されてしまいます。

 

だからブログで記事を書く場合は、

相手が求めている情報を素直に書くのを意識して下さい。

 

それから他にも、キーワードを散りばめるのも重要です。

 

そもそもキーワードが入っていないと、

SEOでアクセスは呼べないですからね。

 

また、単純にキーワードを詰め込むだけじゃなくて、

そのキーワードからユーザーが何を求めているのかを、

察知して書くことも重要です。

 

どんなにキーワードを入れても、

全然、的はずれな記事を書いていたら、

結局はすぐ離脱されてしまいますからね。

 

相手の方から足を運んでもらうのがブログという媒体ですから、

相手が知りたい情報を先回りして書いておくという感覚が大切なのです。

 

それから画像、動画、文字装飾なども、

メルマガでは基本的に使えない機能なので、

積極的に使っていきましょう。

 

その方が伝わりやすいですしね。

 

また、目次や小見出しも付けてあげると、

ユーザーが読みやすくなって良いです。

 

目次に関してはワードプレスの場合、

専用のプラグインがあって動画で解説しているので、

そちらも見てみて下さい。

 

メルマガ記事の書き方

 

一方、メルマガ記事の場合は、

基本的に自分の言いたいことを書いていきます。

 

読者はあなたが発信する内容に興味があって登録しているので、

自分の話をガンガンして構いません。

 

ただ、何の学びもない、

ただの日記は書かないようにしましょう。

 

例えば「稼ぐ方法を教えます」といって、

メルマガ読者の募集をしたのなら、

相手はあなたから稼ぐ方法を学びたいのです。

 

ですから、稼ぐ内容に関連したことを書くべきです。

 

それからブログ同様に、

目次や小見出しを付けるのも良いですね。

 

僕の個人的な意見としては、

小見出しを付けることで形式的な文章になるので、

メルマガではあまり無くても良いと思っています。

 

ただ、あまりに長くなる場合とか、

途中で大きく内容が変わる場合などは、

目次と小見出しを付けてあげた方が親切です。

 

あと重要な部分は下線とか行間を空けるなどして、

しっかり目立たせると、より読みやすくなりますね。

 

メルマガでは基本的に文字装飾が使えないので、

こういう形で目立たせることになるので、

覚えておいて下さい。

 

 

まとめ

 

ということで今回はブログとメルマガの違いや、

それぞれの記事の書き方などを解説しました。

 

自分が書いた文章は折角なら読んでほしいはずですし、

書き方を間違えて読者を逃してしまうのは勿体無いので、

今回の内容は常に意識して文章を書いていって下さい。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

また、何か分からないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年1月メルマガ自動化で50万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。