相手を1番に考えるべき理由と考える内容、相手の要望に応えてはいけない状況とは?

この記事は4分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

今回は相手のことを1番に考えるというテーマで解説します。

 

なぜビジネスで成功するためには、

相手のことを1番に考えなければならないのか?

 

具体的にどんなことを考えていけば良いのか、

さらに相手からの要望でも応えてはならない状況など、

解説したので、ぜひ動画で学んでみてください。

 

 

相手のことを1番に考えるべき理由とは?

 

なぜ相手のことを1番に考えなければならないのか?

 

それはビジネスとはお客さんがいて成り立つものだからです。

 

お客さんの悩みや問題を、

解説するものを販売するから売れていくのです。

 

そしてお客さんが自分の販売した商品に満足してくれるから、

次に何か売った時も買ってくれるわけです。

 

ビジネスの長期的な成功とはその繰り返しであり、

自分がやりたいことは基本的に二の次です。

 

勿論、自分が全くやりたくもないことをやっていても、

それでは自分が辛いだけなので、

それはそれで問題だったりします。

 

なので自分がやりたいことと、

お客さんが求めていることのバランスが重要ですが、

あくまで考える順番はお客さんが求めている事が先だということです。

 

お金はお客さんに価値を提供するから稼げるのであって、

その逆はありません。

 

自分が稼ぎたいからお客さんに何かを売る

という順番だと短期的には成功できても、

長期的には厳しくなってきます。

 

これって当たり前のことを言ってるように感じますが、

結構みんな意識できているようで、

実際はそうでもありません。

 

みんな自分のやりたいことは一生懸命考えるんですが、

相手が求めているものは何かを考えることを、

忘れがちなので常に意識しておいて下さい。

 

 

相手の何について考えれば良いのか?

 

しかし「考える」と一言で言っても、

一体何を考えたら良いのか?

 

そんな疑問が出てくると思いますが、

例えば、相手が悩んでいることや困っていることです。

 

これはリサーチでもお話したことですが、

相手が悩んでいることを解決できる商品なら、

お客さんは喜んでお金を払うわけです。

 

あるいはお客が求めているものも良いですね。

 

悩んではいないけど欲求として抱えているものを、

調べたり考えたりするのです。

 

他にも相手が喜ぶことだったり、

相手が傷つくことや不快に感じることなど、

色んなことを考えてみてください。

 

これらを日頃から考えていれば、

ビジネスだけでなく日常の人間関係も良くなります。

 

自分が何気なく言った一言で、

相手を傷つけたり、不快にさせることってありますよね?

 

そういう出来事を防ぐことができます。

 

それにネットビジネスは教育ビジネスなので、

コンサルティングをするときに、

どういう言い方をしたら相手が喜ぶのか、

あるいは傷つけずに伝えられるかなど役立ちます。

 

なので他者の色んなことを考えるようにして下さい。

 

勿論考えてわからないことは、

調べることも重要ですよ。

 

 

相手からの要望に応えてはならない状況

 

ただし、いくら相手が求めていることだからといって、

何でもかんでも要望に応える必要はないし、

むしろ応えてはならない状況もあります。

 

まず前提として知っておいてほしいのは、

「お客様は神様」ではないということです。

 

これって昔からよく言われていることですが、

お客様と販売者は基本的には対等な立場です。

 

「お客様は神様」といわれる理由として、

「汗水垂らして稼いだお金を払っているから」なのは理解できますが、

そのお金は商品で提供した価値の見返りとして貰っているだけなので、

別にお客さんの方が偉いわけではありません。

 

だからお客さんが無茶な要望をしてきた場合は、

ハッキリ断ることも大切だということです。

 

何でも相手の要望通りにしていると、

他のお客さんにも同じ待遇をしなければならなくなったり、

他のお客さんに迷惑がかかる場合も出てきます。

 

それに、そういう無茶な要望をしてくるお客さんは、

依存体質な人が多い傾向にあります。

 

ネットビジネスは教育ビジネスですから、

相手を成長させなければならないため、

依存体質なのは結構問題です。

 

成功させにくいのでお客にしない方が良いです。

 

また、ビジネスを成立させるために、

敢えて要望に応えない場合もあったりします。

 

分かりやすいのは芸能人です。

 

例えばあなたが、ある芸能人の、

熱狂的なファンだったとしましょう。

 

そしたらその芸能人の私生活って、

少なからず興味が出てくると思います。

 

実際、芸能人のプライベートに興味がある人って多いのです。

 

だから芸能人の恋愛などは、

常に週刊誌のネタになるわけですね。

 

しかし実際にプライベートが明るみに出ると、

ファンは大体ガッカリするものです。

 

つまりファン(=お客さん)は、

芸能人のプライベートを知りたいという願望を持っています。

 

でもその要望に応えてはいけないのです。

 

実際に私生活をさらけ出して、

芸能人から消えた人もいますよね。

 

あるいはディズニーランドなんかも良い例です。

 

あそこのアトラクションは余裕で1時間待ちとかですが、

お客さんのことを考えれば当然混雑を解消すべきですね。

 

しかしディズニーランドのアトラクションは、

並んで乗るから価値が高いのです。

 

人気のアトラクションに乗れたという達成感とか、

VIP待遇で並ばなくても乗れる人の優越感を満たすためなど、

あの混雑がビジネスを成立させているわけです。

 

このように相手の要望に、

応えてはいけない場合もあることを覚えておいて下さい。

 

また、もう1つ言っておくと、

お客さんにはこちらの都合に合わせてもらうのも大切です。

 

先ほども言ったように「お客様は神様」ではないので、

販売者側もおさん側もお互いに配慮するべきです。

 

そうすれば互いに心地よい関係が築けます。

 

自分がお客になる場合は、

販売者の方に配慮してあげてほしいですし、

逆に自分が販売者になるときは、

お客さんに自分の都合にも合わせてもらうようにして下さい。

 

ただし、勿論お客さんのことを第1に考えるのは、

最初から言っているように基本です。

 

それは忘れないようにして下さい。

 

 

まとめ

 

ということで今回は、

相手のことを1番に考えるというテーマで解説しました。

 

ビジネスはお客さんがいるから成り立つことを、

常に意識して自分が稼ぐためではなく、

相手のためにやっているんだということを忘れないで下さい。

 

それでは今回はこれで以上になります。

 

動画ではより分かりやすく丁寧に解説していますので、

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

もし、何かわからないことなどあれば、

お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

 

問い合わせフォームはこちら

 

メルマガに登録して下さっている場合は、

直接返信して頂いても構いません。

 

それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、現在はパソコン1台で月100万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

どん底からたった6ヶ月で成功できた秘密は下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

実績画像はこちら
※2016年6月メール1通で200万円達成


いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。