ドリームキラーの意味と対処法。人の足を引っ張る親や友達との付き合い方とは?

この記事は4分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

自分が夢や目標を追いかけようとするとき、

必ず足を引っ張るような発言をする人たちっていますよね。

 

そんな人たちのことをドリームキラーと呼びます。

 

今回はそんなドリームキラーたちが邪魔する理由だったり、

そこから見える対処法などを書いてみました。

 

これから何か夢や目標に向かって頑張ろうとしている方や、

既に頑張っているけど邪魔されてストレスを感じている方は、

この記事を読んで彼らとの付き合い方を学んでみて下さい。

 

ドリームキラーとはどういう意味?

 

では、まずドリームキラーの意味について、

改めて解説しておきましょう。

 

ドリームキラーとは先ほども軽くお伝えしたように、

人の夢や目標をぶち壊そうとする人たちのことです。

 

例えば、僕の体験談をお話すると、

僕は高校生の頃、歌手になりたいと思っていました。

 

だから高校を卒業したら上京して、

東京の専門学校に通うと決めていたんですね。

 

そのときも案の定、

 

「お前には無理だよ」

「音楽が好きなのは今だけじゃないのか?」

 

などと言われた記憶があります。

 

このように人が何か行動を起こそうとしているとき、

足を引っ張るようなことを言ったりやったりしてくる人のことを、

『ドリームキラー』と呼ぶわけですね。

 

邪魔された側からすれば、

やる気が削がれたり、覚悟が揺らいだりするので、

最悪、夢を諦めてしまう可能性もあり大変危険な存在といえます。

 

しかも、厄介なのは、

こういったドリームキラーは身近にいるということです。

 

親、親族、友達、同僚などなど、

自分が良く顔を合わせる人がドリームキラーである場合がほとんどなので、

 

「あれ?この人もしかしてドリームキラー?」

 

と心当たりがある場合は早急に対処しなければなりません。

 

 

なぜドリームキラーは夢や目標を妨害してくるのか?

 

しかし、そもそもなぜドリームキラーたちは、

他人が夢や目標に進もうとするとき妨害してくるのでしょうか?

 

その理由はシンプルで、

やはり他人に成功されたら面白くないからでしょう。

 

勿論、ドリームキラーと被害者との関係性は、

親、友達、同僚など様々なので、

もしかしたら相手の事が心配で言ってるだけかもしれません。

 

特にドリームキラーが親など家族であれば、

その可能性は高いでしょう。

 

しかし、それは表面的な理由に過ぎません。

 

少し専門的な話をさせてもらうと、

人の行動はほとんどが潜在意識下で決められているので、

自分が自覚している理由は後付けの理由に過ぎないのです。

 

要するに親は心配して言っているつもりだけど、

本人が自覚していない潜在意識下では、

 

・子供に超えられるのが嫌だから

・自分の期待通りに育ってほしいから

 

などエゴイスティックな理由で、

子供の邪魔をしている親は多いということです。

 

つまりドリームキラーと被害者がどんな関係性だろうと、

基本的に嫉妬心や支配欲などが理由で妨害しているわけですね。

 

 

ドリームキラーな親や友達の対処法や付き合い方

 

上記のドリームキラーとなってしまう原因から考えて、

彼らとの付き合い方や対処法を挙げると・・・

 

距離を置く

 

やはり、1番は距離を置くのが良いでしょう。

 

結局、ドリームキラーたちは自分の醜い感情に支配されているので、

こちらが論理的に説得を試みても無駄です。

 

そもそも論理的に考えて自分の心理状態を客観的に見れる人なら、

ドリームキラーにはなりえませんからね。

 

「自分は心配してアドバイスしているだけなんだ」

 

と思い込んでいる人も多いように感じるので、

理解してもらおうとするのは潔く諦めて距離を置きましょう。

 

仮にドリームキラーが親だった場合、

親に対して距離を置くのは抵抗があるかもしれませんが、

あなたが自分の人生をきちんと歩めない方が問題なので、

気にせず距離を取って構いません。

 

本来、親孝行というのは、

 

『子供が幸せな人生を歩むのが1番の親孝行』

 

であり、親の期待に答えることや、

親の言いなりになることが親孝行ではないので、

親がドリームキラーであるなら関わらない方が良いです。

 

何も一生関わらないと言ってるわけではなく、

自分が夢や目標を追いかける間、距離を置こうと言ってるだけなので、

そんなに抵抗感を感じる必要はありません。

 

適当にあしらう

 

それでも何らかの理由で、

距離を置くことが難しい場合もあるかもしれません。

 

家族なら一緒に住んでいるとか、

友達なら同じ学校に通っているとか、

同僚なら同じ会社に勤めているとか、

 

そういう理由から、

どうしても関わっていくしかない場合もあるでしょう。

 

そんな時は聞いているフリして適当に相槌を打っておいて、

無視してしまうのが得策です。

 

先ほども言ったように論理的に説得を試みるのは厳しいので、

いちいち相手にしないで淡々の事を進めるのがおすすめです。

 

そしたら相手の方も、

 

「コイツに何言っても無駄だな」

 

と諦めて何も言わなくなると思います。

 

ちなみに僕も歌手目指して上京するときには、

この手段を使いました。

 

真っ向から戦う

 

あるいは真っ向から戦って言い合いするのも良いでしょう。

 

こちらの方が自分の性格に合っている場合は、

こっちの手段で諦めされると良いですね。

 

ただし、正面衝突でねじ伏せる分、

その後の関係性が悪化する可能性があることは、

ある程度、覚悟しておかないといけません。

 

特に親と違って友達や同僚などは血の繋がりもありませんから、

もしかすると一生会えなくなる可能性もあります。

 

勿論、お互い本音を言い合うわけですから、

上手くいけば逆に関係性が深まることもあるかもしれません。

 

ただ、相手のドリームキラーとしての体質が変わらない限り、

一緒にいてもお互い苦しいですし、一緒にいるメリットもないので、

そういう場合は縁を切ってしまった方が良いでしょう。

 

その方がお互い幸せです。

 

 

まとめ

 

ということで今回はドリームキラーの対処法や、

ドリームキラーな親や友達などとの付き合い方について解説しました。

 

基本的に足を引っ張ってくる親、友達、同僚などは、

自分勝手な醜い感情で邪魔しにきているだけです。

 

ですので論理的に説得しようとするよりは、

あなたの心が折れる前に距離を置き、

関わらないようにするのが1番でしょう。

 

それが不可能な場合は適当にあしらっておくか、

大喧嘩して徹底的にやり合うくらいしか方法はありません。

 

ただし、後者のやり方は相当ストレスが掛かるので、

基本的には距離を置くのがおすすめです。

 

親から離れて一人暮らしを始めたいとか、

会社を辞めて同僚と縁を切りたいという場合は、

パソコン1台で生活費を稼ぐ方法を解説しているので、

一度、ご覧になってみて下さい。

 

詳細は↓から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年4月メルマガ自動化で60万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。