生活費を節約する方法!食費や水道光熱費や日用品の出費を抑えるコツとは?

この記事は7分で読めます

節約

こんにちは、カズーイです。

 

大学生や社会人になって初めて一人暮らしをすると、

こんなに生活費って掛かるのかと驚かされますよね。

 

あるいは結婚して養わなければならない家族が増えると、

人数分の生活費が掛かってくるので大変だと思います。

 

しかも将来のことを考えると貯金もしなければならず、

 

「どうにか食費や水道光熱費を節約する方法はないのか?」

 

と嘆いている方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は僕の超貧乏体験を元に、

節約のコツや方法などを伝授しようと思います。

 

カズーイの超貧乏生活について

 

まず僕の超貧乏生活を少しだけお話させて下さい。

 

僕はニート歴が2年、フリーター歴が1年あるのですが、

最も貧しかったときには、

 

・家賃&クレジットカード滞納

・味のない白米だけを食べ続ける

 

という超貧乏生活をしたことがあります。

 

まぁここまで制限が掛かったは1ヶ月だけなのですが、

それでも当時は東京で家賃6万円の1Kに住んでいたので、

基本的に毎日いかに生活費を減らすかを考えていました。

 

食費は月2万円程度、水道光熱費は月1万円程度まで抑え、

合計で月10万円くらいの超節約生活を送ってましたね(笑)。

 

しかし、そんな生活の中でも、

時給900円のバイトだけで貯金を増やし、

1年間で数十万円の貯蓄をすることに成功しました。

 

勿論、親からの仕送り等はありません。

 

実は今こうしてブログを書いたりなど、

仕事で使っている15万円のデスクトップパソコンも、

当時、貯めたお金で購入したものなんです。

 

そんな僕の節約法を身につければ、

人によっては数十万円くらいの差が、

1年で出ると思うので参考にして下さいね。

 

 

生活費を節約する10の方法とは?

 

さて、では生活費を節約する方法についてですが、

基本的に僕がニートやフリーターだった頃に、

全て実践していた内容になります。

 

ただ、一人暮らしなのか家族持ちなのかなど、

生活環境に応じて可能な節約法に差があると思いますので、

その辺はご自身で調整してください。

 

食事の回数を減らす

 

いきなり苦行のような節約方法ですが、

これはかなり強力なやり方です。

 

やはり毎日3食食べていると相当食費が掛かるので、

せめて1日2食(間食もなし)に抑える工夫をしてみて下さい。

 

仮に1食500円掛かっているとしたら、

500円×30日で15000円も節約できますからね。

 

痩せたい人はダイエットにも繋がるので良いですよ。

 

そもそも現代人は食の欧米化が進み、

1日3食も食べると食べ過ぎの傾向にあります。

 

だから3食食べないと健康的じゃないと思うかもしれませんが、

実はそうでも無かったりするので安心して減らしてみて下さい。

 

最初はキツく感じるかもしれませんが、

何日かやってると全然何とも思わなくなりますよ。

 

自炊でルー物を作る

 

食事はなるべく自炊するのがおすすめですが、

中でもルー物の回数を増やすとかなり節約できます。

 

特に一人暮らしの場合、カレーやハヤシライスなどは、

大体1回では食べきれないので2~3日くらい凌げる事もあります。

 

となるとカレー作りに1500円掛かったとしても、

2日で750円、3日で500円なので、

かなり食費を抑えることができますよね。

 

勿論、毎回ルー物では飽きると思うので、

違う料理も作ったら良いですが、

せめて自炊をするのは習慣にしてみて下さい。

 

料理が上手いと男性でも女性でも得する傾向になるので、

ついでに特技が増えると思えば一石二鳥ですしね。

 

電子レンジや炊飯器を活用する

 

自炊をするときはどんな調理器具を使うかも重要です。

 

ガス代と電気代であればガス代の方が高いので、

IHクッキングヒーターなら話は別ですが、

ガスコンロの場合は使いすぎに注意しましょう。

 

今は炊飯器や電子レンジなどがとても高性能で、

ご飯を炊くとか食べ物を温めるだけでなく、

調理に使える機能が盛り込まれているので、

上手に活用していくと良いですね。

 

水を出しっぱなしにしない

 

調理中や食器を洗うときやシャワーを浴びるときは、

こまめに水を止めるようにしましょう。

 

例えば、水を出しっぱなしにしながら洗い物などすると、

たった5分でも約60Lくらいの水を消費しているらしいです。

 

洗い物時の洗剤もあまり付けすぎると濯ぎが大変なので、

適量をつけながら、基本はため洗いをしていきましょう。

 

シャワーに関しても頭を洗うときや歯を磨くときなど、

時間は経っていないようで5分や10分はすぐ経過します。

 

その間、水を出しっぱなしにしておくと、

100Lや200Lは平気で使うことになるので、

水道代を抑えるためにも面倒臭がらず、

1回1回止めるようにして下さい。

 

トイレを流す回数を減らす

 

これはちょっと不潔感が漂いますが、

節約という観点から見ると結構強力です。

 

トイレで流す水は、

 

・大で5~6L

・小で4~5L

 

程度が1回で使用されているといわれているので、

ここを抑えるだけでも水道代が半分くらいになったりします。

 

だから例えば大だけ毎回流すようにして、

小は大をするまで流さないとか工夫してみて下さい。

 

入浴時に湯船は溜めない

 

入浴時に湯船を溜めるかどうかも、

かなり水道代に影響してきます。

 

浴槽は大体200Lくらい水が入るといわれていて、

水道代は3Lで1円くらいともいわれているので、

1ヶ月毎日入ると6000L=2000円にもなります。

 

そもそもお風呂はお湯を沸かすためにガスも使用するので、

毎日、湯船に浸かると結構な水道光熱費になってきます。

 

だから基本はシャワーのみで済ませるようにして、

たまに湯船に浸かるくらいが節約的にはおすすめです。

 

洗濯物は数日に1回まとめて洗う

 

着替えてできた洗濯物も、

毎日、洗濯機を回すと相当な水道代が掛かってしまうので、

なるべく1回でまとめて洗うと良いです。

 

僕は一人暮らしだったこともありますが、

大体5日に1回くらいしか洗濯はしなかったと思います。

 

やはり洗濯機も1回で数十Lの水を使用するので、

頻繁に回せばかなり水を使うことになりますからね。

 

多少なりとも電気代も掛かってくるわけですし、

洗濯機が壊れない範囲で詰め込んで回すようにしましょう。

 

エアコンはつけっぱなしにする

 

これは驚くかもしれませんが、

エアコンはつけっぱなしの方が電気代を節約できます。

 

勿論、エアコンをつけずに扇風機などで凌げるなら、

その方が安上がりなのは間違いありません。

 

しかし、この温暖化の時代に中々それも厳しいでしょうから、

エアコンを入れる場合はこまめに電源を切るのはやめましょう。

 

何故かと言うと、

エアコンは温度を上げたり下げたりする最初の段階が、

1番馬力が必要で最も電気代を使うからです。

 

つまり、こまめに電源を切って室温が戻ってしまうと、

入れ直す度にエアコンはフル稼働しなければならないので、

それならつけっぱなしにした方が節約できるというわけです。

 

日用品はセールでまとめ買いする

 

細かい出費で軽視しがちなのが日用品ですが、

これも徹底するとかなり節約できます。

 

特にティッシュペーパーやトイレットペーパーなどは、

ドラッグストアなどでセールになると結構安くなります。

 

勿論、シャンプーやボディソープなども、

きっちり詰め替え用を購入して少しでも出費を抑えて下さい。

 

ちなみに日用品とはちょっと違いますが、

僕は飲み物も2Lの水をドラッグストアで買っていました。

 

ドラッグストアだと2Lの水が98円とか買えるので、

350mlや500mlの缶やペットボトルを、

自動販売機やコンビニで買うより大分安上がりです。

 

タバコは吸わない

 

やはり最も無駄にお金を垂れ流してしまうのが嗜好品です。

 

ですから厳密にはタバコだけではありませんが、

やはり最もお金の掛かる身近な嗜好品はタバコなので、

健康にも良くないし止めると良いでしょう。

 

特に最近は値上がりしてワンコイン近く掛かりますし、

ずっと吸い続けるとベンツ1台買えるくらいの金額になると、

聞いたこともありますので少々辛くても止めるべきですね。

 

まぁそもそも僕はもともとタバコは吸わないので、

何のために吸うのかも良く分からないし、

止めるのがどれくらい辛いのかも分からないんですが、

ベンツ1台買えると思えば止める意志は持てるのではないでしょうか?

 

 

節約だけじゃなく収入を増やす方法も考えよう

 

今までお伝えしてきた内容を全て実践すれば、

1年単位で見れば相当な金額が節約できるはずです。

 

あとは浮いたお金を無駄使いさえしなければ、

どんどん貯金は増えていくことでしょう。

 

しかし、身も蓋もない話ですが頑張って節約したところで、

所詮1年間で浮く金額は数十万円程度です。

 

事故や入院など、もしもの事態が発生すれば、

一瞬で吹っ飛ぶ金額ですね。

 

それに節約とは我慢することですから、

1年そこらなら上記の節約法を実践できても、

今後、一生あんな生活をするとなると辛くないでしょうか?

 

例えば、上記の通りトイレを流す回数を減らせば、

大幅に水道代は抑えることができます。

 

でも、そこまでして節約するなんて、

ストレスも溜まるだろうし、そもそも惨めではないですか?

 

そこでおすすめするのが副業です。

 

仮に月5万~10万円でも収入が増えれば、

1年間なら60万~120万円程度増えるわけですから、

相当、生活にはゆとりができます。

 

それどころか半年に1回程度なら、

旅行や高級ディナーに行ったりもできますね。

 

バイトや本業で忙しいという場合でも、

今はインターネットを上手く活用することで、

自宅にパソコン1台あれば副業を始めることができるので、

全然チャレンジすることは可能です。

 

例えばユーチューバーやプロブロガーなども、

ネットから収入を得ている事例の1つであり、

今後、益々この流れは加速していくでしょう。

 

僕の周りにも副業で月10万円程度なら稼いでいる方が沢山いますし、

何なら稼ぎ過ぎて独立してしまった方もいるので、

ぜひ節約だけでなく副業を始めるという選択も考えてみて下さい。

 

まとめ

 

ということで今回は、食費や水道光熱費などの生活費を、

節約して抑える方法についてお伝えしました。

 

色んな角度から節約法をお伝えしたので、

全てこなせば相当な節約につながるのでやってみて下さい。

 

ただ、節約はあくまで入ってくるお金の中で、

いかに出費を抑えるかに焦点を当てていますから、

家計の根本的な解決には繋がっていません。

 

だから出費を減らすだけではなく、

収入を増やすという視点も持ってみて下さい。

 

ちなみに僕はインターネットで副業を始めたい方向けに、

無料で読めるメール講座を発行しています。

 

読んでみてやっぱりやめようと思えば、

いつでも登録解除することもできるので、

少しでも興味が湧けばお気軽に登録してみて下さい。

 

登録は↓のフォームから可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年4月メルマガ自動化で60万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。