氷菓から読み取った価値を感じるために必要なこと

この記事は4分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

突然ですが「氷菓」という小説を知っていますか?

 

この作品は米澤穂信さんが著者で、

2012年にはアニメ化もされた人気小説です。

 

ジャンルとしては、ほのぼのとした学園ミステリーもので、

登場人物は主人公の折木奉太郎、ヒロインの千反田える、

そして折木奉太郎の中学からの友人である、

福部里志と伊原摩耶花がメインキャラとして登場します。

 

僕も当時見ていた時は面白くてハマってました。

 

アニメを作成したのは、あの「けいおん!」を作った京都アニメーションで、

作画が凄くキレイで内容も凄く面白いので、ぜひ見てみて下さい。

 

・・・って言っても恐らく半数の人が見てくれないと思いますので、

今日はアニメを見ていて実際に勉強なったことを紹介したいと思います。

 

それは13話「夕べには骸に」での1シーンで、

漫画研究会に所属している摩耶花が漫画の面白さについて、

河内という女性の先輩と口論になったときのことです。

 

河内先輩はこう言います。

「漫画の面白さは本来、みんな同じなの。」

 

その意見に納得いかない摩耶花は、

「なら面白いかどうかの差は何処で出来るんですか?」

と聞き返します。

 

その問に対して河内先輩は、

「それが読み手なのよ。

読み手の面白さを感じるアンテナが高いか低いかなのよ。」

と返すのです。

 

しかし、その答えに疑問を感じ、

「つまりアンテナの低い人には、面白さが伝わらないってことですか?」

と摩耶花が聞き返すと、

 

河内先輩は、

「そうよ。だからレビューなんて無駄だって言ってるの。」

と返すのでした。

 

「漫画の面白さは皆同じ」っていうのが正しいか間違ってるかは置いておいて、

僕はこのシーンを見ていて1つ重要な要素があるなと思いました。

 

それが「読み手の面白さを感じるアンテナが高いか低いか」という部分です。

 

これはつまり読み手の情報を読み取る能力のことを指しており、

とても重要な視点だと思います。

 

コンテンツを作る時は、その作り手の腕次第で、

どれだけ面白いコンテンツになるかが決まります。

 

それは確かに間違いないことなのですが、

重要なのは読み手側の情報を受け取る能力によっても、

そのコンテンツの面白さが変わってくるという点です。

 

つまり普通の人なら、とあるコンテンツから1しか読み取れなくても、

色んなことに気付く頭の良い人は10を読み取ることが出来るわけです。

 

要は脳みそが鍛えられている人ほど、

1つの情報から色んなことを深く読み取ることができるってことです。

 

なので頭の良い人は同じコンテンツを見聞きしていても、

全然読み取る情報量が違うので、より多くの価値を感じることができるし、

更に脳みそが鍛えられて賢くなっていくことも出来るわけです。

 

そしてより多くのことに気付けるようになって、

また更に脳みそが鍛えられて・・・

という素晴らしいスパイラルになるのです。

 

これを漫画から教材に置き換えた場合、

その教材から上っ面の情報しか取得出来ない人と、

本質を見抜いた深い部分まで理解出来る人とでは、

最終的に結果を出すスピードや稼ぐ金額にまで影響してくることになります。

 

これだけではありません。

 

このスパイラルに入ると、

普通の人では気づかない深い部分まで気付けるわけですから、

日常の些細な出来事からも色んなことに気付き、全てが学びに変わって、

もの凄いスピードで進化することが出来るようになります。

 

良く「成長曲線は2次曲線だ」とか言われますが、

本当に加速度的に成長していくのです。

 

最近の僕もまさにこんな感じで、例えば映画を1本見ただけで、

ブログやメルマガで配信するネタが5~6個は見つかるようになりました。

 

そう、毎日のネタに困らなくなるわけです。

 

しかも映画やアニメや漫画など、色んなものと結びつけて情報発信が出来れば、

コンテンツの質が高くなって、バイラルによる集客効果だって見込めます。

 

さらに発信がユニークになるわけですから、

欠かさずチェックしてくれる固定客が出来る可能性も高まります。

 

と、このようにメリットは山ほどあるわけです。

 

ただ実際は、ここまでの境地に辿り着くまでに諦めてしまったり、

ちょっと稼げただけで満足して怠慢になってしまったり、

そもそも稼ぐことにしか興味がなく、進化することに関心がなかったり、

 

みたいな人が多くを占めているので、

なかなか2次曲線のようにはならないんですが・・・

 

でも自分を成長させることを辞めなければ、

いきなりググっと伸びる瞬間ってのがあるんです。

 

2次曲線は最初なだらかで、どんどん急になっていきますが、

まさにあんな感じで一気に成長する時があります。

 

これは別にそこまでストイックに自分を追い込まないとダメってわけじゃなく、

ある程度何かに本気で取り組んだことがある人は経験済みだと思います。

 

例えば僕の場合だと、中学の頃に陸上でその経験をしました。

 

僕の同期は入部したての1年の頃は、

1人飛び抜けて速い人がいて、確か僕は2番目で、

僕と1番の人との差は1秒近くありました。

 

陸上経験者なら分かると思いますが、

陸上の世界で1秒の差って凄い差です。

 

しかし、それから3ヶ月たった夏休みの頃。

 

何故か1番速かった奴と、

いきなり同レベルで走れるようになったのです。

 

本当にいきなりで、ある日を堺に急激に記録が伸びました。

 

このような今まで出来なかったことが、

急に出来るようになったことって経験あるんじゃないでしょうか?

 

なので最初は伸び悩んでイライラしたり不安になったりなど、

苦しいかもしれませんが、

 

そこを乗り越えると一気に成長する瞬間が必ずあるので、

諦めないで脳みそを鍛えていって欲しいと思います。

 

 

役に立ったらSNSでシェアお願いします↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

僕はコミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、壮絶な人生を歩んできました。

しかし、どん底からたった6ヶ月で月収100万円を達成。現在はパソコン1台で月200万円以上を稼いで自由な人生を送っています。

さらに詳しいプロフィールは下記からご覧下さい。
プロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年1月メルマガ自動化で50万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだクラウドサービス「Success Cloud」


ダウンロード数1000人突破。

メルマガにご登録頂けると、動画本数111本、総再生時間1100分以上、総文字数20万字以上で構成された業界初のクラウドサービス「Success Cloud」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。