売れる情報商材や企画の作り方。情報販売で稼ぐ起業家定番の作成方法とは?

この記事は7分で読めます

こんにちは、カズーイです。

 

メルマガで稼ぐ場合、最近はアフィリエイトよりも、

自分で企画や情報商材を作って販売する人の方が、

多いような印象を受けます。

 

これは売り上げの全てが自分の懐に入ってくるため、

大きな利益や実績が生まれやすいという意味では、

非常に理にかなった方法だといえるでしょう。

 

しかし、初心者の場合、いきなり自分の商品を作って、

販売するのは少々ハードルが高いのではないかと思います。

 

作ったところで売れなければ意味がないわけですし、

どうすれば売れる情報商材や企画が作れるのか、

お悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は情報販売で稼ぐ起業家たちがやっている、

商品の作り方についてお話しようと思います。

 

結局、商品は悩みながら良いものを作るしかないので、

この記事さえ読めば、すぐ情報販売で稼げるわけではありませんが、

少しでも商品作りのヒントになれば幸いです。

 

情報商材や企画作成の大前提となる考え方

 

まず具体的な情報商材や企画の作成方法に入る前に、

 

「ここを外したら良い物は作れない」

 

といえる重要な考え方をお話しようと思います。

 

初心者は小手先のテクニックを知りたがる傾向にありますが、

それだけでは本当に売れる情報商材や企画は作れません。

 

ですので、商品作りにおいて基礎基本となる考え方を、

まずはしっかり抑えるようにしてください。

 

参加者(購入者)に喜ばれる内容を考える

 

やはり商品作りにおいて最も大事なのは、

その企画の参加者や、情報商材の購入者に、

喜ばれるものを作るということです。

 

これを全く意識しないで作ると、

独りよがりな商品ができあがってしまい、

あとから売るのが大変になります。

 

売れないものを無理やり売るような形になるので、

見込み客からすれば良い迷惑です。

 

販売する側からしてもセールステクニックを使って、

一生懸命売らなければならないので疲れるだけですし、

そういうビジネスはジリ貧なのが目に見えていますから、

結局、誰も得しないということがいえます。

 

ですので、人に喜んでもらうための商品を作る。

そのためにはどうすれば良いのか?

 

を常に念頭に置くようにしてください。

 

時代の流れに沿ったことをする

 

では、どうすれば人に喜ばれるものを作れるのか?

 

という話なんですが、

その答えとして大事なのが『時代を読む』ということです。

 

つまり今どんなものを求められているのか、

時代の流れから察するということですね。

 

ただし、時代の流れといっても、

日本とか世界とか、そういう大きい時代の流れを、

完璧に読めといってるわけではないので安心してください。

 

例えば、現代は草食系男子、イクメンなど、

女性的な男性が流行っていることもあり、

世の中全体が女性的なものの方がウケやすいとはいえるでしょう。

 

こういう世の中全体の流れを察知するもの大事なのですが、

もっと小さい規模での時代を読むのが大事になってくるわけです。

 

具体的にいえば『ネットビジネス業界の流れ』などですね。

 

例えば、僕がネットビジネスを始めたばかりの頃って、

2~3万円程度の情報商材を販売する情報起業家が結構いました。

 

しかし、現在は情報商材って新商品はほとんど出なくなって、

某有名ASPも当時の勢いは完全に失われてしまっている印象です。

 

どちらかというと今はコミュニティを作って、

コンテンツだけじゃなくコンサル等もセットにした、

1つ講座を企画して販売する人が圧倒的に多いと思います。

 

こういう時代性くらいは、せめて読めるようになっておくと、

見込み客にウケが良い物を作りやすくなるので、

ぜひ、できるようになっておいてください。

 

最初は王道の企画(商材)で良い

 

ただし、最初から人に喜ばれるものを作ろうとして、

無理する必要はありません。

 

もちろん良い物を作ろうとする姿勢や意識は大事ですが、

初めから時代にマッチした凄い企画や商材を、

作るのも厳しいと思うので、できることからやっていきましょう。

 

例えば、アドセンスで月収10万円を稼いだ実績があるなら、

1番最初はそのノウハウを教える講座などで十分です。

 

ありきたりな企画であることは事実ですが、

その企画で上手く稼げていない人を救ったとすれば、

立派に価値提供していることになりますからね。

 

売り上げに関しても、準備や売り方が上手ければ、

100万円や200万円くらい余裕で出るので安心してください。

 

 

売れる情報商材や企画の作り方

 

では、前提を把握したところで、

いよいよ売れる情報商材や企画の作り方をお話します。

 

これからお伝えする作成方法を参考にして、

ぜひ素晴らしい商品を作ってください。

 

ターゲットを広く取れるコンセプトを考える

 

まず商品を作る上で大事なコンセプトですが、

売れる情報商材や講座を作るためには、

幅広い層にウケる内容にすることが大切です。

 

例えば、大流行したポケモンGOの場合ですが、

あのゲームは今までゲームをしなかった層にも、

受け入れられている点が大ヒットの秘密といえるでしょう。

 

基本的に昔のゲームのイメージといえば、

家でじっとしてピコピコとボタンを押すだけで、

体は動かさないし、画面をずっと見ていて目にも悪い。

 

そういった印象がゲームをやらない人の理由としてあったわけです。

 

しかし、ポケモンGOは外に出かけるのが基本なので、

車などを使わなければ運動不足の解消にもなるのです。

 

昔の子供がやっていた、鬼ごっこやかくれんぼなど、

外での遊びに近い形で楽しむことができる点が大きいわけですね。

 

しかも、昔からポケモンを遊んでいた世代に響く内容ですから、

ヒットしないはずがありません。

 

これを情報商材や企画の作成に当てはめた場合、

 

『アドセンスで月収10万円稼ぐ方法を教える』

 

というコンセプトで作った場合、

非常にターゲットが狭くなるのが分かるでしょうか?

 

・月収10万円を超えている人

・アドセンス以外で頑張っている人

 

などはターゲットにならないからです。

 

つまり『ターゲットを広く取れるコンセプトを作る』

という観点からは失敗しているといえるわけですね。

 

とは言え、最初から広くウケるような、

コンセプトを作成するのは非常に難しいと思うので、

先ほどお伝えした通り、最初は簡単なもので構いません。

 

ある程度回数を重ねて慣れてきたら、

しっかりコンセプトを練り込むようにしましょう。

 

真逆の要素や関係ないものを組み合わせる

 

コンセプトや全体案を考える時に、

意識すると良いのが『真逆の要素の融合』です。

 

斬新な商品が生まれやすいからですね。

 

例えば、先ほどのポケモンGOの場合でも、

 

『家で遊ぶゲーム×外での遊び』

 

という二項対立関係にあるものを融合しているといえます。

 

さらに言えば、

 

『バーチャルな世界×現実の世界』

 

という真逆にあるものを融合しているともいえるでしょう。

 

ネットビジネスの企画でいえば、

 

『仕事×遊び』

 

という組み合わせは良く見かけますが、

これも真逆にあるものを融合した事例ですね。

 

ただ、だからといって、これから始める人は、

同じことをやってはいけません。

 

二番煎じで効果的ではありませんからね。

 

こういった事例は、あくまで参考程度にしておいて、

上手く二項対立関係にあるものを組み合わせ、

オリジナルのキャッチーな企画を作ってみましょう。

 

全てを凝縮したキャッチーなタイトルを作成する

 

タイトルも、その情報商材や企画を、

ワンフレーズで表すものなので練り込んだ方が良いです。

 

例えば、「◯◯実践講座」みたいなタイトルは、

分かりやすいですが、ありきたりで真新しさがありません。

 

その情報商材や企画の内容をギュッと凝縮したような、

タイトルを作るようにしてください。

 

僕も講座を作る時は、

しっくり来るタイトルが見つかるまで、

大量に候補を出すようにしています。

 

色んな英単語を調べたり、自分の思いを洗い出したり、

カブっている情報商材や企画がないか調べたり…

 

そういうことをずっと繰り返しながら、

「これだ!」というものが見つかるまで悩み続けます。

 

こういう作業をしてブラッシュアップを繰り返すことで、

パワーの宿ったタイトルが作れるようになるので、

面倒臭がらず、やるようにしましょう。

 

情報商材(企画)の一体感を大事にする

 

情報商材や企画が一通り出来上がった時に、

全体の一体感は確認するようにしてください。

 

これは言い方を変えれば、

 

『全てのことに意味を持たせる』

 

ということです。

 

なんとなく付けてしまった特典1つで、

その商材や企画全体のクオリティが下がる可能性は、

十分あり得るので注意しましょう。

 

例えば、よく例え話として挙がるのが、

 

「ラーメンにコーヒーが一緒に出てきたら…」

 

というやつです。

 

サンドイッチとコーヒーなら分かりますが、

ラーメンだと相性が悪いわけですね。

 

これを情報販売に置き換えると、

メルマガで稼ぐ講座にダイエット商材を特典で付けても、

見込み客を混乱させてしまうだけだということです。

 

商品内容や特典は、

ただ量を増やせば価値が上がるわけではないので、

ちゃんと文脈に沿ったものを提供しましょう。

 

見込み客にアンケートを取る

 

見込み客(メルマガ読者)にアンケートを取るのも効果的です。

 

ただし、アンケートはあくまでも、

顕在化されたニーズしか分かりませんので、

アンケートの取り方を工夫する必要があります。

 

「あなたはどんな講座を開いてほしいですか?」

 

なんて聞いても、

 

「初心者でも稼ぎやすいノウハウが学べる講座が良いです」

 

くらいのことしか返ってこないわけですね。

 

なので、今の収入を聞いて価格設定の参考にするとか、

取り組んでいるビジネスを聞いてコンセプト作りの参考にするなど、

見込み客の情報をあぶり出すような使い方をすると良いです。

 

 

まとめ

 

ということで今回は、

売れる情報商材や企画の作成方法について解説しました。

 

商品のクオリティ次第でセールスのやりやすさや、

全体の売り上げは大きく変わってきます。

 

特に情報販売の場合は物販と違って、

形あるものを販売するわけではありません。

 

つまり、見込み客からすれば提示された内容を見て、

その情報商材や企画を見極めるしかないわけです。

 

なので、今回お話した作り方を参考に、

魅力が伝わるコンセプトやタイトルを考えてみてください。

 

ちなみにメルマガに関する他の知識やスキルは、

『SUCCESS CLOUD』で解説しています。

 

『SUCCESS CLOUD』とはメルマガ登録者限定の会員サイトです。

 

興味があれば、ぜひ登録してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

※変な名前で登録された方は削除しますのでご注意ください


関連記事

管理人:カズーイ


こんにちは。カズーイと申します。

コミュ障、中退、ニート、父の死、借金、叔父の脅迫、夜逃げと、昔の僕は何をやっても上手くいかず、失敗だらけの人生を歩んできましたが、インターネットで起業したことから、月200万円以上を稼いで自由な人生を手に入れました。

現在は毎月セミナーやコンサルなどで忙しくも、充実した日々を送っています。

詳しいプロフィールはこちら

・2013年10月サイトアフィリで100万円突破
・2016年6月オリジナル企画で200万円突破
・2017年4月メルマガ仕組み化で60万円突破

いつもクリックありがとうございます。
カズーイの順位はこちらからチェック↓

人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビジネスを成功へ導く知識を詰め込んだ教科書「SUCCESS CLOUD~人生を劇的に変える108の技術とマインド~」


ダウンロード数1500人突破。

メルマガにご登録いただけると、108のコンテンツ(動画110本以上、総文字数20万字以上)で構成された教科書「SUCCESS CLOUD~人生を劇的に変える108の技術とマインド~」をお渡ししています。

数百万円以上かけて学んだ思考やノウハウを1つに凝縮するために3ヶ月かけて作成しました。

全てのコンテンツがネット上にあるため、PCからでもスマホからでも見たい時にいつでも好きなだけ学んで頂けます。

メルマガ登録は無料、必要ないと感じれば本文内の解除URLからいつでも解除できます。






SUCCESS CLOUD利用者から頂いた感想はこちら